Maison simple de [Rene]

主人のいなくなった家で帰りを待つ、副管理人のプロデューサーのつぶやき箱。

更新休止のお知らせ

最近休みがちなところで何を今さらですが、ちょっと1週間ほど北海道に行くので更新休止します。

蒸機公演クロックワークメモリーを終えて

蒸機公演クロックワークメモリー……大変、大変に素晴らしいものを見せていただきました。

モバマスをやっていない方に説明すると、蒸機公演クロックワークメモリーはMobage版アイドルマスターシンデレラガールズ(デレステじゃない方)のゲーム内イベントです。
やること自体はいつものポチポチゲーなんですが、シンデレラガールズのアイドルが主演するドラマという体で毎日少しずつ更新される短いシナリオがあり、サブシナリオも含めて8日のイベント期間でそのシナリオが完成します。

毎回色んなドラマがあるのですが、今回はモバゲー版デレマスのイベントでもおそらく最高峰のシナリオ(※)ではなかったかと。
※ドリーム・ステアウェイも比肩する傑作ですがこちらはエイプリルフール企画でした
これほどのシナリオは年に1回お目にかかれるかどうかというレベル。
そもそも、デレステに比べるとあまり話題にならなくなったモバマスにおいて、大勢のプレイヤーが毎日22時に更新されるシナリオを見るために待機し、そのたびにTwitterトレンドに「蒸機公演」の名前が入るということ自体が、とんでもない異常事態だったんですよ!

さあ、もし蒸機公演を知らず興味の出た方はここでページを閉じてください。ここから先はネタバレ全開です。
「そうは言っても、もうイベント終わっちゃったんでしょ?」という人。心配ご無用です!(本田)
モバマスはスターエンブレムを消費することで過去のイベントを閲覧することができます。
もちろん、蒸機公演とともに1週間を駆け抜けたプロデューサーのライブ感は味わえませんが……これを気にモバマスにも目を向けてもらえれば嬉しいかなと。

それでは本題へ。


続きを読む

無題更新

孫正義さん流石の強運、ジャマル・カショギ失踪事件はムハンマド皇太子の面子を保つかたちで幕引きの空気に (市況かぶ全力2階建)


KYB(旧カヤバ工業)の免震偽装、不適合品が取り付けられた物件の実際のところの耐震性について


絵本・児童書の“萌え絵”論争――「子どもに悪影響」の声に、児童文学評論家が反論 (サイゾーウーマン)


エロ表現における乳首残像の歴史 (えろまんがけんきゅう(仮))


ミリシタ The@ter Chalenge!! 投票 展望編 (打首こくまろ)














無題更新

リベリアで開校の学校で組織的レイプ発覚、米慈善団体が過ち認める (AFP)
環境と動機づけはどんな人も犯罪に走らせる。他者から見えにくい場所、強い権限は人の信条など簡単に歪める。
「自分には高尚が志があるから間違いなど犯さない」と考えている人の方が危険で、欲求の発散のさせかたすら知らないからね。


「ゲームショウにコンパニオンがいたころが懐かしい」と言うだけで欧米ではフルボッコにされる──フランス人ライターから見た東京ゲームショウ (電ファミニコゲーマー)
和ゲームを馬鹿にするように煽り、大げさに紹介する海外のメディアは少なくありませんでした。個人的に、僕はこれを「自称聖なる欧米対野蛮なアジア視点」と呼んでいます。
これは自分のメディアを売るために、日本など他国の社会や伝統を、自称「聖なる欧米」の文化視点でジャッジし、「野蛮」と決めてかかるものです。
その功罪はともかく、アジアは総じてセクシュアルに対して無邪気でおおらかです。僕自身は20年ほどTGSに通っていますが、アメリカやフランスのゲームイベントと比べて、来場者による痴漢やセクハラなどはかなり少ないように思います。
たとえば、「TGSのセクシーなコンパニオンは、きっと無理やりやらされているに違いない」、「日本の変なエロゲームは、きっと女性を嫌う組織が裏で製作しているんじゃないか」など。アジアや日本の価値観を無視して、自分たちの価値観で考えるからこんな回答が導かれます。
国際化とは一元化ではなく、各国の特徴を尊重したうえで共生すること。
「コンパニオンがまだ存在する日本は可哀そう」と欧米的に言うのは簡単ですが、「コンパニオンがまだ問題なくいられる日本は平和だなあ」と日本が大好きな僕は思います。

首がもげるほど同意。
特に「自称聖なる欧米対野蛮なアジア視点」はこの問題を理解するのに重要な概念で、大半の欧米連中はアジアや南ア、アフリカの人間を見下す癖が昔からずーーーっと治ってないんですよ。
でも、こうして日本や台湾の文化を尊重してくれる欧米人のライターさんがいてくれることには救いがありますね。
だからこそ、我々もルールを守って、痴漢やローアングラーのような犯罪者にはNOを突きつけねばならない。


ドン・キホーテ、杉並区の泥棒市場から環太平洋のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに (市況かぶ全力2階建)


BUMP OF CHICKENの歌詞の一部に(50)をつけると金本知憲の蔑称になるかもしれない (もみあげチャ〜シュ〜)















無題更新

米副大統領の演説は、実は対中国への「本気の宣戦布告」だった (現代ビジネス)

米ペンス副大統領の対中方針演説、関西弁に意訳されるとより過激に (市況かぶ全力2階建)


米中冷戦の幕開けである。
今後50年の世界の政治経済、あるいは力関係がどのように動くのかを見極める重要な局面だというのに、日本のマスコミの反応はやたら薄い。それどころか……

立憲民主・枝野代表、中国共産党幹部と面会「政党間連携深めたい」 (産経ニュース)
このタイミングでそれ言うか!!?
同盟国裏切って完全に中国側に付く気か!やりたきゃ日本を出ていってくれや。


冤罪事件で警察からの自白強要を受けていた爆乳ゴリラ氏、民事訴訟を起こして元刑事の家を差し押さえるまでの一部始終 (togetter)


なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか? (ニコニコニュース)


「ふたりはプリキュア」全49話が"ニコニコ"で無料配信 シリーズ15周年...原点を振り返ろう!








ロックマン11 プレイ後感想

ロックマンシリーズ自体好きなのですが、今作はロックマンの声をあの福原綾香さんが担当するっつーことでめっちゃテンション上がりましたね。
オリジナルスペックで全クリしたので箇条書きになりましたがざっくりレビューでも。

●全体
・ビジュアルが綺麗で、キャラのモーションが美しい
・ガードしている敵にチャージショットをぶつけるとガードを一瞬解除できるなど、新しい要素もある
・難易度が4段階あるのは親切
・オリジナルスペックでもロックマンらしい歯ごたえのあるレベルデザイン
・エキスパートは被ダメ上昇+ネジドロップ以外のアイテムが消えただけ?
 →ギミックやトラップの配置は同じ、ボスはパターン強化以外の基本性能は同じっぽい
 →理不尽な難易度調整であり、あまり面白みがない
・ステージごとの難易度の差が激しいが、全体的に難しめ
・8ボスステージがどれも長い、そのくせ復活地点が少ないためボス前で死ぬとかなりの距離を戻される
・逆にワイリーステージはあまり長くなく、ラスボスがあまり強くないのでもう1ステージあるかと思ったほど
・とにかく敵がひしめく中での足場渡りや、盾持ちが妨害するパターンが多すぎる
 →お馴染みラッシュジェットは撃ち落とされるだけなので出番は皆無
・スピードギアを縛ると難しすぎ、スピードギアを使うと簡単すぎとバランスが悪い
 →特にスピードギアを強化するとロックが尋常ではない加速になる
・パワーギアの使い所が少ない。パワーギアに切り替えるとタメが解除されるため最初からタメ直しになるのがあまりに辛い
 →1回タメるのにギアゲージの半分近く消費する。ほぼ特殊武器強化専用である
・装備で軽減できるが被弾時のノックバックや行動停止時間が妙に長い
 →1マス足場どころか2マス足場からでも落下する
・ロックマンの頭の判定がデカい気がする。あるいは角ブーストがなくなっているのか。狭い場所ではすぐに頭をぶつける
・購入できるアイテムはおしなべて安いので、とにかく残機数を増やしたりE缶やピートやトゲガードをマシマシにしたりすれば案外あっさりクリアできる
 →なんとなく負けた気がする

●ラバーマン
・ステージがおそらく一番簡単で、中ボスは最弱、ボスもあまり強くないので最初に攻略するのがオススメ
・慣れないと時間こそかかるが、落下死ゾーンがあまりないので慎重に攻略すれば突破できる
・CV田村ゆかり

●ヒューズマン
・即死トラップこそ少ないが、電撃をかいくぐるアスレチックステージであり、じわじわとライフを削られる
 →一部のアスレチック要素はラバーマンの特殊武器で破壊できる
・得意不得意は分かれるが、概ねスピードギアがあれば楽勝
・中ボスが地味に強い。トラップでの行動範囲制限+自機狙いの落雷連打+横移動機雷が当たること当たること
・ボスもかなり強い部類。移動トラップ+自機狙い弾で追い立てるが、落ち着いてタイミングを測れば序盤は避けられる
 →スピードギア使ってきたらこちらもスピードギアで対抗。最後はやられる前にやる
・特殊武器が便利で、厄介な場所に陣取っている敵を倒すのにとてもお世話になる

●ツンドラマン
・伝統の氷ステージ。スパイクシューズのあるなしで難易度がかなり変わる
・中ボスは攻撃がワンパターンで見切ればノーダメも余裕
・トゲ、落下による事故死が多発。特にボス直前の吹雪渡りでミスると泣ける
 →逆に対策アイテムが多ければボスまでたどり着くのはさほど難しくないかもしれない
・ステージさえ攻略できればボスは弱い部類。パターンを見切るまでは苦戦するが、パターンがわかればノーダメというタイプ

●ブラストマン
・爆発ギミックのあるステージの割にはあまり造りが凝っておらず、ステージの難易度は低い
 →急いで登る足場も結局スピードギアさえあれば……
・中ボスも1回見れば攻撃パターンが分かるタイプ
・ザコという名前の割には執拗に段差を越えてロックマンを追う、接近すると微妙に避けにくい斜め軌道の飛び蹴り、倒しても爆発するなど地味に厄介なザコ敵がワラワラと寄ってくる
・ボスの攻撃が避けにくく、弱点武器がないと苦戦する

●ブロックマン
・今作8ボスの顔のように扱われるが最初に挑むにはかなりステージの難易度が高い
 →ある程度スピードギアの操作に慣れればそれほど詰まる要素はない
・中ボスの2戦目が異常に厳しい。移動する足場で画面の3/4を押しつぶす中ボス相手にノーダメは無理が……
 →スピードギアを限界まで使ってさっさと倒すしかない
・ボス戦はかなり迫力がある。安置を見つけるまでは死に覚えすることになるが、覚えてしまえば隙だらけで弱い

●アシッドマン
・恒例の水中ステージ。トゲ死の恐怖が常に付きまとう
・敵の攻撃によって徐々に足場の色が変わっていき、最後はダメージ床になる。ダメージ床になる代わりに、床を這い回る雑魚が消滅するギミックは面白い
 →酸のダメージ床はアシッドバリアでダメージ無効にできるが、そもそもダメージ床に変えさせないこと自体が簡単過ぎてあまり気づかれない
・中ボスの強さはほどほど。バスターにこだわると後半の発狂相手にノーダメは難しくなる
・ステージの全体難易度は高くないと思うが、ボス直前のトゲ地帯だけは別格で、ここで死んでチェックポイントまで戻されることによる精神的ダメージが大きい
・ボスは11最弱候補。バスター+ギアなし縛りでも初見ワンチャン勝てるレベル

・特殊武器は恒例のバリアなのだが、歴代でも稀に見る産廃性能
 →バリアを張るだけで隙を晒し、敵との接触はおろか一定以上の敵弾と簡単に対消滅する。バリアを張った瞬間に消えることも。バリアを張らないとショットが撃てない上、ショットが連射不可で山なり弾道のためメチャクチャ当てにくい。そのくせ一定時間でバリアが自動消滅する(消滅までの時間はそこそこ長い)。エネルギー消費も重く対費用効果は最悪級

●パイルマン
ゲドラフみたいなやつとミサイルとツルハシが飛び交うステージ
 →じわじわとライフを削られるが無理に突き進まなければなんとかなるレベル
・中ボスはこちらの攻撃チャンスが基本的に相手の攻撃時だけのため、回避もせねばならず時間がかかる
・ボスは体がデカいくせに動きが速くとにかくかわしにくい。弱点武器よりバスターの方が戦いやすいまである


●トーチマン
・鎖マン
・みんなのトラウマ
・おそらくロックマン11の代名詞になるようなクソオブクソステージ
・主に炎のウンコで攻撃してくるフクロウと森林火災のせい
 →フクロウを倒すと暗闇になるブロックはヒューズマンの特殊武器で明るくできるので遠慮なく倒していい
 →最悪バスターのわずかな光でも地形が確認できる
・中ボスはとても弱い。パターンがわかればノーダメも余裕
・問題は3つある強制スクロールの森林火災ブロック。背後から迫りくる火炎から逃げながら先に進むのだが、この炎に当たると即死ダメージ無敵中に巻き込まれても即死トゲや落下ではないのでどんなアイテムがあっても即死
 →しかもこの炎が結構なスピードで迫ってくるため、11特有の被ダメ時ノックバックや行動不能時間の長さも相まって1度でもダメージをくらったら死亡確定となっている
 →スピードギアがあってもせいぜいミスのフォローが1回だけできるといった保険レベルでしかない
 →進路上は上下のアップダウン、折返し、スライディング通路を含んだ豊富なアスレチックに加えて、盾持ち、ステルス、爆発、バスター撃破不可の敵が執拗に並べられている
 →ラストのテントあみだくじ4連、そして最後の最後に配置された敵はまさに悪魔の所業
 →しかもこの極悪ゾーンが難易度を上げながら3つも用意されており、中間ポイントは2つ目の直前にしかない
 →初見クリアは絶対させないぞ、というスタッフの熱い意気込みが感じられる。アイワナかよ。
・気の遠くなるようなリセットを繰り返してボスに辿り着いても、ボスはボスでかなり強く残機を儚く散らせて「二度とやらんわこんなクソゲー」になる人が続出したとかしないとか
 →幸いボスの弱点武器は分かりやすく、パワーギアを使って速攻で倒せる。弱点武器を持つ8ボスのステージをクリアできれば操作自体も上手くなっていることだろう
 →慣れればバスターでも案外あっさり勝てる
 →トーチ火炎拳のモーションの良さは8ボスでも随一

●ワイリーステージ1
・ま た あ い つ か
・スピードギアで分裂するとかわいい

●ワイリーステージ2
・バスター縛りだと苦戦しそう
・弱点武器を見つけたら試合終了

●ワイリーステージ3
・恒例の8ボス戦
・弱点武器を全部知ってても意外と被ダメがかさむので、E缶なしノーミス縛りの鬼門

●ワイリーステージ4
・ラスボス戦
・多分歴代でもトップクラスに弱い。初見でもE缶1個くらいで勝てるんじゃないかな……


思ったよりギアシステムが上手くいってない気がしますが、初心者でも遊べる一本ではないかと。
それでは。

無題更新

クラウドフレアに「発信者情報開示」命令、海賊版サイト「ブロッキング」に影響も (弁護士ドットコム)


旅館業界では“あり得ない”週休3日 それでも「陣屋」の売り上げが伸び続けるワケ (ITmedia)


白饅頭日誌:10月4日「殴るのは終わりにしようこれからは」 (note)


アイマスが初めての人に何を勧めればいいか?という話とコンテクストを共有することの重要性について

















#シャニマストゥルーエンドプレイ記録

Twitterにて公開しました
長いですがここにも貼っておきます。
続きを読む

無題更新

フェイクニュースと闘う味の素 ニューヨークから世界へ情報発信 (BuzzFeed)


「アナザーエデン時空を超える猫」開発のグリー子会社、ガチャ確率不正騒動を経て「Wright Flyer Studios」から「WFS」へ社名ロンダリング (市況かぶ全力2階建)






無題更新






















Rene [L] Descartes

[管理人] ルネ(故)
人間は生き方が狭いにー。
「猫思う、故に猫在り」ひとつよろしくに。

[副管理人] MA108P
人生巴投げ。
社会の歯車やってます。
ブログはご主人様に書かされてるだけです。
月別
最近のコメント
  • ライブドアブログ