劇場版の感想の方では、いわゆる「よく誤解されている内容」についてなるべく突っ込まないように気をつけて書いたので、改めて別記事ではそのことに触れていきたい。
まず1回目は、「春香の行動が遅い」という意見について。

【2/15追記】致命的な勘違いをしていたので本文を大幅変更。
未熟者で申し訳ないorz

以前に書いた劇中時間の計算が誤っていたので訂正します。
志保が「先に進める人だけでも・・・」と言った日と、屋上で律子とPが会話する日と、千早が「まだ春香の答えを聞いてない」と言う日は全部別です。
よく見たら服装が全然違いました・・・_(┐「ε:)_

それと、今回比較対象としては20話ではなく23話が適当ですね。
23話で春香は自分の気持ちを正直に出すことができず、いたずらに時を過ごしていました。
劇場版でも、自分の答えを出せずに春香は時間をかけていました。
仮に劇場版で他の765プロメンバーに問題があった場合、可奈に比べてもっと積極的に早く動いたであろうことには異論がありません。
可奈の件で23話と同じくらい時間がかかったのは、可奈とそこまで関係が深くないことや、知り合ったばかりの新人であることが枷になったなどが考えられます。
決して春香の行動が遅くないということは分かって欲しかった。

劇場版はTV版と違って尺がふんだんに使えますからね…。可奈が来ていないことを知るシーンから電話のシーン終わりまで相当長いです。
だから春香の行動が遅いという印象を持ってしまうのも無理からぬことでしょう。
ただ、この辺りの繊細な心の機微を描いた30分を、グダグダなどと決めつけ短絡的思考で受容体をシャットダウンしてしまう人は本当に勿体無いな…。