見えなくなってしまったガラスの靴。
自分の心の中に隠れてしまったそれを見つけてくれるのは、大切な友達。


ネタバレ防止のために本文は続きに格納します。
第23話「Glass Slippers.」
卯月の様子を心配した凛が電話をかけるも、卯月は元気そうな様子であった。
少なくとも、電話の上では。
アイマス恒例の引きこもりが発動するかと思いきや、卯月は鏡に映った自分に笑顔を見せる。
ceb1eafd
いつも通りの笑顔。しかし、鏡の中ではない本物の卯月の表情を写さない構図が、欺瞞であると告げていた。


e7df10c4
翌朝、卯月はプロデューサーにある要望を伝える。
それは「養成所に戻ってレッスンをやり直したい」というものだった。
このままでは美穂にも、未央や凛にも迷惑がかかるから、と。
一見前向きに頑張ろうとしているとも取れる発言。卯月本人は少なくとも純粋に頑張ろうとしているつもりなのだろう。だが実際は、逃げでしかないのかもしれない。
プロジェクトルームではなく美城プロの入り口前でプロデューサーを待っていたのも、そのためか。
プロデューサーは、しかしそれが卯月の意思ならばと、それを許可するのだった。


最初の一歩の、その前へ
卯月が仕事を一時休むことになることは、CP全員に伝えられた。
不安を感じながらも、笑顔で待っていよう、卯月を信じようとCPの結束は固い。
だが凛と未央の心配は募る。
卯月は養成所時代の先生にダンスを見てもらっていたが、かつては苦手だったターンも今では完璧である。
それだけでも、自分が成長している証なのだと、気付いて欲しかったが・・・。
殻に閉じこもってしまった卯月には、自分の中にあるガラスの靴が、今は見えていない。
シンデレラになれず去っていった、他の候補生たちと同じように。
未央や凛には電話で「頑張ります」「すぐに戻ります」と答えるが、いつまで経っても卯月が戻ってくる気配はないのであった。

71ff55b9
唯一、養成所の場所を知るプロデューサーが卯月の見舞いに訪れる。
今の自分を見られるのが後ろめたいのか、卯月は「他の皆の現場に行かなくていいんですか?」と水を向けるが、プロデューサーは首を横に振った。
卯月の場合、感情が表情や言葉に素直に出る分、こういった悪感情も素直に出すきらいがある。
「ここにいてほしくない」という感情を隠そうとして出した台詞ではないことは態度から伺える。
つまり悪感情と言っても、卯月の純真さゆえに素直に出して本当にこんな小さなものなのだ。
半分は純粋にプロデューサーを心配する気持ちと、「何となく今は誰にも会いたくないなあ」というレベルの気持ちが相俟って、この台詞になる。
それは次の「かな子ちゃんだったら、安心してお願いできますから」という台詞にも適用される。
プロデューサーに窘められたように自分の責務を放り出してかな子に押し付けているようにも聞こえるが、本人にそんなつもりはない。純粋にかな子を信頼・評価する気持ちと、「今の自分を見せないで済む」という小さな悪感情が混じっている。
その素直さが故に、卯月は自分を追い詰めていく。

ddd90a8d
ゆ る ゆ り

558e139f
ち、智絵里が・・・あの智絵里がCIから離れてレポーターを・・・!


a8df1b86




CPのみんながそれぞれに頑張っている中、卯月はひたすらダンスレッスンを続けていました。
ただ頑張って、頑張って、頑張り続けて。
薄暗い養成所の中で、一歩も前に進まないまま。
dd9e9005
もう鏡の中に映る自分自身を見ることすら、拒否して。
新しいステップのための一歩ではなく、これは最初の場所に逃げ戻ってしまっただけ。
誰の目にも、それは明らかでした。


きっと君は来ない
卯月が戻らないまま、時間ばかりが過ぎて行きます。
さすがに電話だけではよくないと思ったのか、未央は直接顔を見に行こうとしますが、意外なまでの勢いで卯月はそれを避けるのでした。
1bf5c175
正面から拒否されたわけではないものの、卯月の様子に違和感を覚えた未央は凛に相談します。
凛が最後に見た卯月の様子、早退するほど調子が良くなかったのだから当然かも知れないが、そこに笑顔はなかった。
かつての6話、デビューライブ直前、卯月が1人で練習していたことを思い出す未央。
あのときは偶々それを見つけた未央と凛が一緒に練習できた。卯月も笑顔で、本当に笑顔でそれを受け入れ、乗り越えることができた。
アイドルとしてはまだまだだったが、そこには確かに情熱と、笑顔があったのに。

プロデューサーが一計を案じ、急遽ニュージェネレーションズのクリスマスライブが開催されることとなりました。
ライブタイトルは「Wish Upon a star」――星に願いを。
もちろん卯月にも出演を依頼するプロデューサーですが、卯月は自分はまだまだダメだから見送らせて欲しいと、そう言うのでした。
672644cf
その話を聞いた凛も未央も、卯月との関係がおかしくなってしまったのは自分たちがNGs以外で活動し始めたせいだと思い込みそうになりますが、それをハッキリ否定してくれるプロデューサーが心強い。
ニュージェネレーションズが先に進むために個別の活動が必要であることは卯月自身ですら認めている。凛の背中を押したときの笑顔は、嘘ではなかった。
だが、今の卯月を放置してはいけないのもまた確か。
プロデューサーは何度でも卯月を説得すると断言した。彼の粘り強さは凛も未央もよく知っているところだ。

だが、プロデューサーに任せたからもう安心だと、いくはずもなく。
凛はレッスンに集中できず、ついに姿を見せたマスタートレーナーさんに注意されっぱなし。
そんな様子を見た奈緒と加蓮は、卯月に会いに行くように促します。
4513e533
2人にとっても、ニュージェネレーションズは「憧れのアイドル」なのだから。
プロジェクトルームへ走る凛。プロデューサーの机に未開封の差し入れが置いてあることから、彼が今日も卯月の元へ向かおうとしていたのは明白です。
「卯月に会いたい。一緒にライブに出ようって、私と未央の口から言いたいの」
そんなプロデューサーに、凛は意を決して卯月の養成所の場所を教えて欲しい、と頼みます。
ところが、拍子抜けするほどあっさりとプロデューサーは場所を教えてくれました。
あのとき、かつて未央がいなくなってしまったあのときとは違います。事情も、プロデューサーの心構えも、3人の絆も、何もかもが。
本気になって卯月と向き合うと凛と未央が覚悟したなら、その背中を支えるのがプロデューサーの役目。

b41326e4
夕暮れの射し光る中、卯月は今日も養成所でダンスレッスンを「頑張って」いました。
もはや笑顔もなく、前も向かず、己の姿から目を逸らし、全然楽しそうではない、島村卯月の今がそこにありました。
そんな状態でダンスの上達など、望むべくもなく。
絶望の淵に立った卯月の元にやってきたのは、大切な友人たちでした。
7058a0e6


誤魔化さないでよ
凛と未央は卯月に真偽を尋ねますが、クリスマスライブに出ないという卯月の決意は本当でした。
NGsで活動するのが嫌なワケじゃない、まだ自信がないから・・・と。
2人が一番に気にしていたNGsを離れての活動が原因ではないかという疑問を、卯月はしっかりと否定しました。
凛も未央もキラキラしている。2人だけじゃない、CPのみんなが輝いている。
だから、自分ももっともっと頑張らないと。
そう言って、卯月の心はまた閉じこもろうとしてしまいます。
このままではいけない、プロデューサーと同じ結論に達した未央が、何とかライブに一緒に立とうと説得します。冬の舞踏会のためにも、と。
ところが。
「今まで何やってたんだろう・・・」
「もしかしかしたら、アイドルになるのちょっぴり早かったのかな、なんて」
91b4c3ce
「そうです、きっと早かったんです。私にはお城の舞踏会なんて、まだ・・・」
卯月はミニライブどころか、舞踏会さえも拒否してしまいました。
驚愕の表情を浮かべる2人に、卯月は偽物の笑みさえ浮かべて。
「島村卯月、頑張ります!」
「もう一度基礎からしっかり頑張って、みんなからはちょっと遅れちゃうかもしれないけど」
「いつかきっと、キラキラしたアイドルに」
501eb4c3
「誤魔化さないでよっ!!」
激高した凛はそう叫ぶと、卯月の手を引いて外に連れ出しました。

bf4c96a9
その頃、常務に呼び出されたプロデューサーはある指示、いや、命令を受けました。
それは、『島村卯月を切り捨てろ』というもの。
卯月の早退騒ぎは常務もその場で見ていました。そして休業、渋谷凛のサボり・・・看過できないと判断したのでしょう。
冷徹な命令ですが、全てを統括する責任者としてはある意味優しさでもあるのです。
このままではトライアドプリムスどころか、シンデレラプロジェクトも取り返しの付かないことになるという心配もあり。
そして、プロデューサー自身の判断ではなく「横暴な常務の命令」という免罪符を与えることで、ゴタゴタの恨まれ役は常務となり、プロデューサーやアイドルの心理的負担を減らすことができる。
卯月本人と直接深いコミュニケートしたわけでもない常務が、卯月が戻ってくるなどと信じられないのも当然の話である。
だが、プロデューサーは。
未央を切り捨てず、未央が戻ってくることを信じて一緒に待っていた、島村卯月という少女は。

150919-0018480043-1440x810
凛は卯月を公園へ連れてきました。
アイドル・渋谷凛のはじまりとなった、あの場所に。
「あのとき、言ったよね。夢だって」
「キラキラした何かになれる日がきっと来るって・・・今は?」
言い訳ばかり探して逃げようとする卯月を、真正面に捉えて。
「大丈夫じゃないじゃない!今はまだ、とか、もう一度頑張る、とか・・・」
「そんな嘘の言葉、もう聞きたくない」
「嘘なんて・・・」
d965c59b
「嘘の笑顔なんてみたくない!」
凛にとって、嘘の笑顔を浮かべる卯月はショックだっただろう。
トライアドプリムスをやると決めたとき、背中を押してくれた笑顔と言葉が本当に嬉しかったから。何より支えになるものだったから。
それも嘘だったなんて思いたくない。だけど、
「信じられない。今の、アンタ見てると・・・」
感情が高ぶると出る、しぶりんのアンタ呼ばわり。
それを向けられて、卯月は呆然と未央を見やります。
だけど、未央も頷きました。凛と同じ気持であると。そして、
efabd0b3
「何でも言ってよ、しまむー」
と微笑で促すのでした。
促されて、卯月はポツポツと語り始めます。自分の中でも整理の付かなかった気持ちを吐き出しながら、大事な何かを探すように。
965d0a92
「私、本当に頑張ろうって思っただけです」
「私、本当に、もう一度頑張ろうって・・・」
「笑顔だって普通に・・・」
「私、笑顔じゃないですか?」
「あれ、でも私、舞踏会に向けて頑張って・・・」
それがいつの間にか、目的と手段が入れ替わってしまった。
凛も未央もCPのみんなも、歌やお芝居やダンスやいろんなことに挑戦して、キラキラ輝いている。本当に、本当にそれが眩しくて。
羨望でもなく、嫉妬でもなく、ただ純粋にそこに並ばなきゃと想った。並びたいと願った。
だからこそレッスンを、レッスンだけを頑張った。レッスンが大好きな自分だから、レッスンして、レッスンして、もっともっとレッスンをすれば、きっと。
でも。
7bf4228c
「私の中のキラキラするもの、何だか分からなくて」
「このままだったらどうしよう。もし、このまま時間が来ちゃったら」

もしかしたら卯月は、薄々にしか気付いてなかったのかもしれない。
言葉に出すことで、初めて自分が何も持っていないことに気付いてしまったのかもしれない。
だが時計の針は待ってはくれない。12時の鐘が鳴るのはもうすぐだ。
「もし、私だけ何にも見つからなかったら、どうしよう・・・」
c3c3036a
「こわいよ」
卯月の中から感情が溢れ出す。涙とともに。
「プロデューサーさんは、私のいいところは『笑顔』だって・・・だけど、だけど」
3eec390b
「『笑顔』なんて、笑うなんて誰でもできるもん・・・っ!」
「何にもない。私には、何にも・・・」
一度溢れた感情は留まるところを知らず。
卯月はぼろぼろと泣き続けるのでした。
これこそが、卯月がずっとずっと抱えてきた問題。
どうしようもない、泣きたくなるほどの無力感。
始めは笑顔でただ頑張っていればよかった。それだけで、みんなと並ぶことができた。
でも、みんなが冒険してどんどん個性を発揮していく中で、ふと気がついてしまう。自分の手の中に何もないことを。
新しい企画も思いつくこともできなかったのは当然である。個性を生かしたやりたいことの前に、自分の個性が見つけられなかったのだから。
美穂とユニットを組むときに、プロデューサーに自分のいいところを尋ねた卯月。きっとそのときに欲しかった答えは、『笑顔』以外の、自分にしかない魅力だったのだろう。
だが結局、美穂と活動しても自分の『何もなさ』を痛感するだけだった。
だから卯月は、それを探すために養成所に戻ったのだ。最初から何も持たずにここまで来て「しまった」と思い込んでいる卯月には、最初に戻ってやり直すしか選択肢がなかった。
特に、同じ「笑顔」でスカウトされたはずの凛と未央が、歌にお芝居に才能を発揮しているのを卯月は間近で見ている。その劣等感、焦燥感たるや想像を絶する物がある。
ニュージェネレーションズとしてステージに立ちたいのに、凛や未央に比べて何もない自分の普通さが悔しくて、悔しくて。
だけど。
「誰でもできるなんて言わないでよ・・・!」
「踏み出したんだよ?自分も輝けるかもって」
502ddc2f
「あのときの卯月の笑顔が、キラキラで眩しかったから・・・」
凛にとって、踏み出すきっかけをくれたのは卯月の『笑顔』だった。
「前にさ、私が逃げちゃった時も、ずっと待っててくれたじゃん?なんかね、安心してた」
「しまむー、どんなときも笑って頑張りますって言ってくれる、って」
33df2fc8
「そんなわけ、ないよね。ごめんね・・・気づけなくて」
未央にとって、逃げ出した自分を優しく迎えてくれたのは卯月の『笑顔』だった。
2人にとって誰の笑顔でもない、『島村卯月の笑顔』こそが、力をくれたのだ。
だから今度は。
笑顔を失ってしまった卯月に、笑顔をあげる番。
未央はそっと凛と卯月の手を取る。
2de1d066
「私たちさ、もっかい友達になろうよ。今から・・・!」
知らず知らず卯月の『笑顔』に助けられてばかりだった凛と未央。でもこれからは、本当に対等な友達として助けあえる絆を結ぼうと、誓う。


心もよう
アイドルとは星の光。星の光は無数にある。だが、1つ1つの光は永遠ではない。
雲に隠れた星に価値などない。美城常務はそう断言します。
でも、プロデューサーは違いました。
雲に隠れていても、星がそこにある事実に変わりはない。そして必ず、晴れた星空が巡ってくると。
卯月と凛が出会った公園。季節は巡り、鮮やかな桜の花は散ってしまっても、新しい芽は次の春に備えて冬の寒さに耐えている。見えなくても、確かに息づくものがそこにあるのだ。
常務はシンデレラプロジェクトのためにも島村卯月を切り捨てろと言ったが、それは違う。島村卯月を、他の誰1人を欠いても、シンデレラプロジェクトはダメなのだ。
「彼女は必ず戻ってきます。私は彼女を待ちます」
「・・・いえ、待たせてください」
150919-0024000479-1440x810
プロデューサーはそう言って、深々と頭を下げました。

ようやく卯月が落ち着いたのは、宵闇の帳が訪れた頃。
未央と凛は名残を惜しむように、そっと離れます。
「・・・じゃ、またね」
「卯月。待ってるから・・・」
大切な友達としばしの別れ。でもこれは、卯月が自ら美城に戻ってくるために必要な時間。
卯月は再び養成所を訪れていました。でも、がむしゃらに頑張るのではなく、自分の心に問いかけるように立ち尽くして。
おそらく、二度と戻らぬこの場所への郷愁。そして決意。
それを示すかのように、机に置かれた2日後のライブのセットリスト。
36c9c9ac

そして卯月は、クリスマスの準備に慌ただしい美城プロの玄関をくぐります。
見上げた先にかかる大時計。
その時刻は、12時丁度を示していました。
8526d227
f85603d6


次回「Barefoot Girl.」
裸足の少女。12時を過ぎ、魔法使いの魔法が切れてしまったシンデレラは、何を思うのか。


本当に、本当に凄いお話でした。Bパートは序盤から泣きっぱなしでタオルが手放せなかった。
島村卯月。ようやく彼女は本心を曝け出すことができました。
誰よりも普通で、普通が故の魅力があり、そして普通であるが故の脆さがある。
そういう意味では、「歌が好きという気持ちは誰にも負けない」という信念は揺るがなかった春香とは、また少し違っているのである。
仲間との絆を大切にしたいという想いと現実の落差に摩耗してしまった春香は、大切な思い出と向き合うことで自ら笑顔を取り戻しました。(春香の立ち直りに直接の関係はなかったものの、時を同じくして765プロの仲間が春香の想いに気付くのは偶然ではないと主張したい)
一方、自分の笑顔に自信を失って、憧れたはずのキラキラの世界に「こわいよ」という思いを抱くほどになってしまった卯月は、仲間の励ましで同じステージに立つ決意はしました。
しかしまだ、卯月は自分への自信を完全に取り戻したわけではありません。それは、次のクリスマスライブできっと見つけ出すことでしょう。
過去の思い出から自分を見つけ出した春香と、これから自分を見つけ出そうとする卯月の明確な違いが打ち出せているのではないかなと思います。

渋谷凛。クールながらも秘めたる情熱は誰よりも強い。
卯月の心の扉をこじ開けるために強く深く切り込みながらも、不器用が故にその後はどうしていいかわからず、ただ静かに一緒に泣いてくれる彼女は美しい。

そして本田未央。ああ、彼女は最高だ。
行動的な性格ながら内心はちょっぴり臆病者。激情を抱える凛とは対照的で、凛をなだめるように終始穏やかだったのが印象的。
そして何より、2人のためにぐっと涙を堪えてその手を繋いだことにまた惚れた。
2人と一緒にわんわん泣くのもいいのだが、そこは踏みとどまって、先へと進むことを促す。
ニュージェネレーションズの最高のリーダーであり、ムードメーカーであり、2人の親友なのだ。


「自分には何も特別なものがない」。これはとても普遍的な悩みだと思う。
多少人より上手くできることがあっても、世の中を見渡せば自分より上手い人なんていくらでもいることを知っている。凡人の大いなる悩みだ。
大抵は「それでも手持ちの札でなんとかするしかないだろ」という開き直りで乗り越えられる。
だけど、アイドルという他人から評価される仕事で、自分より優れた(ように見える)仲間と一緒に進みたいと願ったとき、仲間が大切であればあるほど、その開き直りは簡単にできなくなる。
だからこそ、自分では気づけない特別なものを仲間から教えてもらうことが大切なのだ。
島村卯月にとっては真実にそれが『笑顔』であったことは疑いようがない。少なくとも、本人以外にとっては。
「お前は息をするのが上手い」などと言われて納得する人間がいるものか。
だが、あえて「笑顔なんて誰にもできる」などと身も蓋もないことキャラに言わせることで、逆に卯月の笑顔がどれほど特別なものであったのかを証明できるストーリーラインが描ける。
シナリオのテーマ、脚本の運び、どちらもアイマスならではの非常に繊細で心に響くものであった。

そしてまた、大橋彩香の演技が想像を絶するものであった。
自分を誤魔化そうとしたり、呆然と思いを語りだすような繊細な演技がキャラクターに染みわたるように息づいている。
ゲームや他の媒体で卯月がここまで曇るような展開はそもそもありえなく、本人にとっても初挑戦だったはずだが、完璧なまでに『島村卯月』であった。
特に泣きだした卯月の声が少し幼くなるあたりがたまらない。
快演、いや怪演と言ってもいいレベルだ。あの人間の涙腺にダイレクトアタックをかけるような演技は。
近年ははっしーがレギュラー出演するアニメも少なくないが、それでもここまで深い引き出しを持っていることを改めて思い知らされた。
中村先生の演技力の高さが頭抜けているのは言うまでもないことなのだが、劇場版での木戸衣吹、そして今回の大橋彩香と、アイマスは若手の演技力が同世代と比べて一味違う。


残念ながら卯月の復活となる次回は1週お預けとなってしまいましたが・・・。
どこもアニメ制作カツカツなんだなー。もっとアニメーターの給料増やして人増やそうよ(;´∀`)
しかし制作が行き詰まることを予定に入れて1年間の放送枠をとったアニプレは凄いわ。そんな資金どこから・・・あっ(察し)
ではでは。