←前段はコチラ

本編の感想――と言いながら前置き。

まずはけやき広場に築城されたサイゲのフラスタこと課金城に行ってきましたが、実際目の当たりにすると規模が凄かったですね。
なんせ中に120人入って特別PV見れる大きさですから。
これをフラスタと言い張るのは、戦闘機が運用可能な空母をヘリ空母と言い張るかのごとし。
PV自体はデレマスの歴史の振り返りとこれからもよろしく、くらいのざっくりした内容でした。泣いた
外側にも大型PVモニターや、一定時間で入れ替わる2種類のイラスト、そしてデレステモデルのアイドルがソロで1曲踊る映像が延々と流れていました。
このソロPV、大したことないだろーと思っていざ目の当たりにしたところ大興奮。こんなにダンスを全身じっくり鑑賞できる場所ないですからね。

さてさて、奇跡のアリーナチケットで入場。SSAにはアイマス以外にも何回か来たことありますが、よく考えたらアリーナは初めてかもしれない。
あまりに素晴らしい眺めに興奮が抑えきれない。
1時間以上前に着席したのにボルテージが上がりっぱなしのまま、開演へ。

初日は第5回総選挙で新しく声のついた4名によるナレーションのサプライズ。
さすがにいきなり出てきて全体曲を歌う・・・ということはなかったですが、次に期待ですね。


幕が上がり、舞台に勢揃いしたシンデレラガールズを見て、全てのプロデューサーが度肝を抜かれた個別衣装。
それもちょっと共通衣装に手を加えるとかいうレベルではなく、それぞれのアイドルの衣装を元にして細部までちゃんとデザインされたもの。
それが全出演者分。
俺たちの課金でアイドルが現実になった瞬間でした。
舞台装置も3rdより豪華になっており、嵌め込みモニターありーのプロジェクションマッピングありーの・・・『金の力で殴る』という言葉がこれほど似合うステージもないでしょう。

BYTS、雪翼とテーマ通り順当にデレステ曲が来たところで突然のFlip Flop。
ねこさん(金子有希)を始めとしたPaメンバーによる披露でしたが、ちーさま(赤千夏)がいないのが悔やまれます。
2日目と組み合わせて考えると、今回のSSAはとにかく「デレアニでやり残したことを全部やり尽くす」を目標に選曲されていたように感じます。だからこそのFlip Flopだったと思うのですが、正式メンバーで歌われない限り心残りが消えることはないでしょう・・・。

恋のハンバァァァァグで種崎敦美さんがソロのトップバッター。
比較的新しいメンバーが多いとはいえ、初めての人に先鋒を任せるのは荷が重いのではないかと思いましたが、神戸公演でははっしー(大橋彩香)・だーさん(津田美波)がソロの最初だったのでこれはピンクチェックスクール繋がりだったのではと後で聞き膝を打ちました。
SSAの観衆を前にした大役、見事に果たしきっていましたよ。

青の一番星は本来個人曲であるにも関わらずまさかの羽衣小町。
個別衣装だからこそ、個別衣装に共通性のある2人のデュオは見栄えが最高でしたね。
さえしゅうを・・・さえしゅうをありがとう・・・(涙

続いて青木志貴役の二宮飛鳥クンによる共鳴世界。この人衣装が似合いすぎてレイヤーが全員飛鳥コスするの諦めるくらい再現度高かったですね・・・。
台詞パートのモノクロエフェクト痺れました。ライブ本番に合わせてPVみたいなエフェクトも平気で突っ込んでくるあたり本当に豪勢だあ。
力強い歌唱、マイクスタンド回しやダンスのセンス、台詞の抜き方、どれをとっても一級品でしたね。
ここでまず1回プロデューサーのボルテージはマックスに。

そこからのフレデリカという脱力具合が厭らしいんだこれがw
村中知さんとあじゅじゅ(和氣あず未)の寸劇で歌がさらに頭に入ってこないよ?!

少し飛んでお散歩カメラ。ねこさんと一緒にあしゃかさん(今井麻夏)となっぴー(春瀬なつみ)も出てきたんだけど、これが本当に尊い。(語彙力消滅)
どう見てもステージ上に藍子と千枝と薫がいるようにしか見えないんだけど、この3人のお散歩カメラってノーベル平和賞じゃないですか・・・?
このときはセンターステージだったので肉眼でしっかり見てたんですけど、あしゃかさんのダンス力に驚愕。噂には聞いていましたがあれほどとは。
アニメでも見てるのかと思いました。3次元の人間でもあんな動きできるんですね。
千枝ちゃんのソロ曲がステージで披露されるときはじっくりダンスも見たいなと思いました。

続いて、じゅりー(木村珠莉)のlilac time。
ペンライトの色替えで一悶着ありましたが特に覚えてなかったのでずっと黄色振ってました。結局その方が花畑のようにカラフルで綺麗な感じになっていたかも。
個人的に、出演者の中で一番緊張していたように見えました。

明日またジュエルいっぱい☆はトロッコ曲。
前段にも書いた通り席がトロッコ近くだったのでコールごと記憶が吹っ飛んでとにかく楽しかった(KONAMI)くらいしか残ってないですね。
でもトロッコわざわざ用意した割に殆ど使わなかったのは勿体無いかなーと。

Radio Haaaaaaaappppppppppppppppppyyyyyyyyyyyyyyy!!!!
これはもう、なるべくしてなったというか。コールを覚えてガッチリ決めるというより、曲に身を任せて感情を解き放つダンスフロアみたいなもんですね。
本当にHappyな時間でした。プロデューサーのボルテージMAX2回目。
WUGちゃんってななみん(山下七海)みたいなのが後6人いるんでしょ?そりゃヤマカンも天下を狙うよ。

続いてボルテージ最高潮のまま、まっこ(杜野まこ)ネキの応援してるよCS!
いや、応援してたよ・・・かな・・・。ライブ開始前に横浜のCS敗退が決まってしまいましたが、まっこさんはライブに集中するために試合結果を見ていなかったとのこと。
キャッツの正式名称って「ソウカイキャッツ」なんだけど、何度見てもクロスカタナのエンブレムを掲げるあの連中しか頭に浮かばない。サイタマだし。サツバツ!
今回は、はらぼう(原優子)率いる「ヤンキース」との試合で、まっこネキはMCで「ヤ(↑)ンキース」とちゃんと発音してたけど「ヤンキー(↑)ス」が正しいんじゃないかなこの場合w
どっかで「横浜優勝!」って叫ぼうと思ったけどタイミングがなかった。(厄介

飛んで恋色エナジー。
一足先に歌手デビューが決まっただけあってしのしー(下地紫野)のボーカルはバッチリ。
カラテを取り入れたダンスがあんましアイドルっぽくなくてワラタw
その辺りは今後の成長に期待。カラテだ、カラテあるのみ。

3rdライブではあえなくメドレー消化となったこんちきちんがついに復活。
そう言えば今回はメドレー自体やらなかったですね。
初日の個別衣装はりっかさま(立花理香)の和装が一番好きだったので脳のHDDに御姿を焼き付けておきました。
いつもの語り口だったまっこネキと違って、りっかさまは紗枝はんを意識したのかやけにおしとやかでしたねwww
普段どんな感じか知りたい人はスタDONで検索検索ぅ。(理゜∀゜)<アッハー↑

また飛んでユッコのミラクルテレパシー・・・からの!
「To my darling…」

満を持しての登場、竹達彩奈

いやイントロで全然気づかなかったのは申し訳ない。むしろこれ気づいた人凄いな。
言うまでもなく若手では最高峰の人気女性声優であり、忙しさもトップクラス。今までライブはおろかイベントやラジオにも一度も顔を見せなかった彼女がまさかのサプライズ出演です。サイキックすげえな。
Aメロはあまりの歓声に歌声がほとんど聞こえなかったレベルw
あやち(竹達彩奈)については邪推する人も多いんですが、アイマスに関してはぬーさん(沼倉愛美)と非常に仲がよくラジオの他に公私で交流のある間柄なのは周知の事実であり、チャンスさえあれば必ず来てくれると思ってました。
ほとんど出番がないサプライズゲストにまで個別衣装を用意するあたり本当にサイゲありがとう。

あやち登場のショックで脳のヒューズが吹き飛んだのか、アブナインを「生存本能ヴァルキュリア」だと思って最後までペンライトを振り切り、曲が終わっても気づきませんでした。
少し後に本物の生存本能が流れ出して大混乱したのは言うまでもありません。
(え?さっき生存本能やったよな?!2回目・・・は考えにくいしまさかの曲順トラブル!?・・・あれ、でも周りも演者も誰も反応しないし普通にステージ始まったわ・・・まさか『さっきの曲は生存本能ヴァルキュリアではなかった』・・・?(恥死)

アブナインからの宿泊施設、infactの流れも3rdを踏襲していましたね。
演者を影で抜く、アイドルを影で映す、これを交互に繰り返す演出による現実と虚構の境目が失われる非現実感がたまりませんでした。
3rdを超えることを嫌でも宿命付けられた2曲でしたが、見事に本懐を果たしましたね。

ここら辺で疲れもピークに達して、「そろそろ『次の曲が最後です』が来るだろう」とみんな思っていたことでしょう。私も思ってました。
休憩もそこそこに当たり前のように次のブロックに進んだ時の周囲の動揺が面白かったですねw
Lunatic Showからのデレステオリジナル曲ラッシュによる激しいラストスパート。
だ、ダメだ・・・目が霞む・・・腕に力が・・・こんな状態ではハイファイ☆デイズを乗り切るのは無r

「おいで、仁奈ちゃーーーん!!」


っしゃああああああああ行くぞお前らアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!(UOボキー


まさかのシークレットゲスト2人目、久野美咲ちゃん。
彼女もまたアイマスのイベントで人前に出るのは初めて。
割と知られていますが極度の人見知り(最近は治ってきたらしいですが)のため、ライブに出るのはまだ先かな、などと勝手に思っていました。
それがアンタ、初めてのライブでSSAで2万人超ですよ?何が人見知りだオラー!ww

そして当然、
久野ちゃん「みんなのきもちになるですよー!」

俺「ワオワオオーーンパオpパオパオピョンピョピョンッウッキッキキッキー!!」

いやもうホント、「みんなのきもち」の視聴が始まったその瞬間からライブで聞けるこの日まで、俺がコールを楽しみに何回この曲を聞いたと思っているのか!
ここで体力を全て使い果たして最後は天に還ったラオウみたいになってました。
ミリオン動物園の話を聞くにつけ、久野ちゃんがシクレじゃなかったら厄介がもっと酷いことになっていた(人のこと言えないけど)気がするので、シクレでよかったのかも知れませんw

新曲のEVERMORE。壮大なメロディのいい曲ですね。タイトルの大文字が未来への決意を感じさせる力強さ。
落ちサビに春夏秋冬のフレーズがあるので、次はそこで色分けしたいですね。


2日目に続く→