←初日はコチラ

2日目の入場時にサイコミが雑誌をまるごと配ってましたが、こっちはライブに向けて限界まで手荷物を絞っているので次は小冊子にしてくだちい・・・。

初日は全員個別衣装だったものの、始まるまで2日目はどう来るのかは謎でした。
2日目はテーマがアニメ準拠のため、おそらく個別衣装よりCP共通衣装を使うだろう。
そう踏んで臨んだ2日目。
サイゲが示した答えは――「全部使えばええやん」でした。
「イヤーッ!」個別衣装を出す!
「グワーッ!」
「イヤーッ!」クリスタルナイトパーティも出す!
「グワーッ!」
「イヤーッ!」アクロスザスターズも出す!
「グワーッ!」
いやホント・・・衣装だけでいくらかかったのか想像するとゾッとします・・・。

ちなみにそらそら(大空直美)の衣装は冬のメロディー特訓後。一発で分かりましたとも。
招待SRですがログボキャンペーンだか何だかで2枚もらえたので誰でも特訓できました。出回った数が数だけに今でも招待SRにしては安価で手に入るはず。

セトリはやはりアニメ曲が中心となったため、そらそらの出番は全員曲を除いてH2D、HeartVoice、M@GICのみ・・・M@GICも実質全員曲みたいなものですしね。
L∞Dはともかく、アクロスザスターズ持ってきておいてBYTSがないとは!
そらそらは神戸に出演していないのでなおさら・・・ちょっと辛いですねこれは。
HeartVoiceの前奏がかかった瞬間再びサプライズであやちが現れフルメンバーで聞けることを確信しましたが(笑)、それも叶わぬ願いでした。
キャストが多く、曲提供が全然追いついていない現状ではこうしたライブ格差も発生しやすいため、来年はちょっとその辺りを改善してもらえる嬉しいです。ってアンケートに書いとこ。


さてさて、今日もいくつか「ファン待望のフルメンバー歌唱」が目玉となっていました。
まずはラブライカによるMemories。
大サビからはまれいたそ(内田真礼)も加わってラブライカP、ラブランコPをどちらも満足させる贅沢な演出。

Wonder goes on!!も3rdではまりえってぃがゲスト扱いだったため、最初からのフルメンバーはこれが初。
やすきち(安野希世乃)はロキエモも最&高だったんですが、引き続いて繰り出されたΦωΦver(heart beat version)の頭サビをソロで熱唱!
うーん、優勝!!
掛け値なしに、デレマスメンバーでは五指に入る歌唱力だと思います。

かーらーのートラパル!!これもまた、誰もが待ち望んだフルメンバーです。
最も難しく、しかし最も盛り上がる落ちサビを任されたのはCDの割り振りと同じくまつえり(松井恵理子)でした。これがもう落ちサビジェノサイドカッター(10割)とでも言うべき破壊力。
トラパルを象徴するどこまでも響く波紋のような歌声の広がりに加えて、「大切な思いを歌に乗せ 空見上げ届けるよ」という歌詞に込められた想い。キャラとしても、キャストとしても、本当に特別で大切な歌なんだという想いが伝わってくる歌声に涙腺が崩壊しました。

早くもクライマックスかと思わんばかりに盛り上がったSSAに、ラスボス降臨。
神々しさすら感じる重低音響くイントロに一瞬で緑に染まる客席。
こいかぜ。
自身のツアーで多忙を極めているにも関わらず、はやみん(早見沙織)が舞い降りてくれました。

完全にラスボスに打ちのめされ、支配された会場に突如響く夜想曲の調べ。
突如床下から現れるなお坊(東山奈央)24ちゃい!
Nocturneだああああああああああ!!
フルメンバー揃うどころか、そもそもこの2人がどっちかでも次に来れるのはいつだよと思われていたこの曲が!
シークレットもシークレット、ダブルシークレットゲストが揃ったことにより突如日の目を見ることに!
お互いを向き合ってぶつけ合うような熱い歌唱が印象的でした。この演出好きなのでもっと流行れー。

熱気も冷めやらぬままM@GIC、夢色ハーモニーとつつがなく終りを迎える346キャッスル。
しかし誰もが思ったはずだ。
「早い、早すぎる」と。
トラパル、こいかぜを持ってくるのも早すぎるし昨日に比べて明らかに曲数が少なすぎますw
そして明らかになる第4のお城、Future Castle。RPGなんかじゃお約束ですね

そこからは怒涛の9曲連続新曲ラッシュ。
正直途中で1回休憩挟んで欲しかった・・・。
ただやはり、4th4日間の最後をソロで締める大役。全員気合の入り様が別格でしたし、デレマスでも経験豊富なメンバーだからこそできたことであり、ここまで積み重ねてきたものの大きさを感じました。
まだ4年、されど4年です。
各々に過去になかった何かをやってやろう、限界まで頑張ろうという気迫が伝わってきました。

MCパートではそれを裏付けるように、滑舌を鍛える、体力を付ける、痩せるなどの苦労話が飛び出す中、ただ一人だけお菓子作りに励みその成果として自作のレモンタルトをステージ上で食べてみせた大坪由佳は200%三村かな子だし本当にそのままでいて欲しいと思いました。
チーズタルトは割と売ってるけどレモンタルトってあんまり売ってないね・・・。

この2日間はシークレットゲストも含めて「デレアニでやり残したことを全部やり尽くす」というバンナムの決意が伺えるライブでした。
もちろん全てが完璧にとはいかずとも、概ねアニメの総決算はできたのかなと思います。
今後はアニメ曲の出番も控えめとなるでしょうね・・・まあ、デレステでバンバン新曲が来ますからね。これからの未来に道を譲るといったところですか。
むしろコロムビアには頑張ってシンデレラマスターシリーズを次々出していただかないとw
次は3枚でしたっけ?馬鹿言ってんじゃないよ・・・。3枚でやるならペース上げてペース。

全体としては、ここまで多幸感の強いライブは今後2度と味わえないかもしれない、というレベルで満足でした。
終演後Twitterでまったく愚痴らなかったのは自分でも驚き。
まあ、SSAのアリーナに立っておいて文句もなにもないという話もw
最近はLVでアイマスライブを見ることが多かったのですが、やっぱり現地はいいですね・・・。
LVはどうしても視点がカメラに支配されるので、好きなときに好きなところを注視できる現地は魂が開放されます。
なるほど、これがリアルビューイングレボリューションという奴か・・・。
将来的にはホントPSVRでLV配信とかやったらいいんじゃないかと思います。

懸念があるとすれば、サイゲマネーがふんだんに盛り込まれたあまりに豪華すぎるライブに自分が慣れてしまうのが怖いことでしょうか。
演出の豪華さに負けないようキャストが全力を投じたからこそ凄まじいパワーが生まれたのは間違いないのですが。
たまには市民ホールのような小さなハコでじっくり歌に耳を傾けるような機会もあるといいですね。

それではでは。