80f71e8f784c4ba097c449a9ec08e1c9
という訳で人生初の海外旅行に行ってまいりました。メチャクチャ楽しかったです。
私にできることはこの経験を活かしていかに一人でも多くのPを海外に引っ張り出すかですね。


IMG_3284
今回のライブタイトルであるFrist Timeからも分かる通りSecond Timeもあります。きっとあります。
残念ながら今回は少なからず席が売れ残っており大成功とは言えなかったのですが、ライブの内容としては最高でした。
765とミリオンがステージ上で並び立ち、パフォーマンスをぶつけ合う姿。私の見たかった『ミリオンライブ』はここにありました。
そんなライブのチケットが自分で席も選べてコンビニで買えるってんだから、これはもうせせこましい国内でCD積んで争ってる場合じゃないですよ!


サルでも分かる!台湾への行き方
・パスポートを取る
・飛行機、ホテルを取る
・海外SIMやレンタルwifiの手配
・旅行保険、クレジットカードの確認
・荷物をまとめる(LCCは機内持込制限に注意)
・空港に行く(チェックインや保安検査は国内線と一緒)
・出国検査を受ける(会話の必要なし)
・飛行機内で入国カードを書く(先にオンライン申請もできる)
・入国検査を受ける(顔写真と指紋採取あり)
 →問題がなければ一切会話する必要もなく終わります。
・日本円を両替する
 →紙に名前を書く必要あり。会話の必要なし。
はい終わり。ね、簡単でしょ?


IMG_3256
ちなみに私が取ったスケジュールはと言いますと……。
土曜日のAM3時に川崎駅前からバスで羽田に向かい、4時半発のフライトで朝8時に台湾に到着。
土日のライブを楽しみ日曜日深夜、つまり月曜のAM0時30分発のフライトで羽田に戻りました。
そのまま月曜日は出張へGO!超絶強行軍でしたが、これなら有休を取ることなく台湾に行けます。
近い!凄い!台湾最高!(疲


日本人にとっては海外旅行先でもっともイージーなのは台湾。これは間違いないでしょう。
沖縄と大差ない距離で、気候は温暖、食文化も近く、日本語も通じやすく、漢字が読める日本人には中国語だって何となく意味が分かるし、治安も良く、おまけに親日国。
台北は都市としても発達しており、日本にいるのとまったく感覚が変わりません。
日本と同じような交通網、同じような店構え、同じようなファッション、同じようなビル……違うのは言語だけ。
初の海外旅行と言いながらまったく海外旅行童貞を脱した気がしませんw

IMG_3285
台湾の秋葉原、西門町。アニメイト台北店もここにあります。
IMG_3318
IMG_3320



台湾はお金がかからないとよく言われますが、半分本当で半分ウソです。
初めての海外旅行となれば、パスポートや旅行グッズ諸々の準備があるのでやっぱりお金はかかります。
1回買えば使い回せるので2回目からは本当に安くなるんですが……。
一番のネックはおそらくパスポート費用ですが、私は会社の費用で作ることになったので、これが台湾に行くと決めた一番のきっかけでした。
個人負担はなかなか辛い金額ですが、台湾でのイベントはアイマスに限らず積極的に行われていますし、今後も行くことを考えれば作っても後悔はしないと思います。
パスポートを作っていないと航空機もホテルもチケットも予約購入できないのでとにかくまずはパスポート作りましょう。

IMG_3261
航空機に関しては早期予約すれば国内なんか目じゃないほど安いですね。
ただし私は台湾行きの決意が遅かったので普通にお金かかりました。決断はお早めに。
ホテルも同じく早期予約がお得ですが、ホテルに関しては日本のビジネスホテルよりもうちょっと高いお金を出す方がいいでしょう。
治安もそうなんですが、海外はホテルの設備が基本的に劣悪です。
日本みたいに「一般的にホテルは必ずお湯が出る」方が世界では稀。


IMG_3297
私が泊まったホテルは一泊6千円強でしたがそれでもこの程度です。
「お湯が張れるバスタブがある」「日本語が話せるスタッフがいる」という条件で一番安いところで探しました。
ちなみに肝心の日本語については全然通じませんでした。最初から英語で話にいったせいか、日本語分かるスタッフがいなかったのかなんなのか……。
しかしながら、逆に日本語なんか必要ないことが分かったので次からは気にしなくていいですね。日本人特有のダサダサ中学生英語で余裕で乗り切れます。要は度胸です。

台北は観光都市なので、接客業の人は概ね英語わかります。
とは言え、簡単な台湾国語(台湾華語)くらいは覚えていきましょう。
私は緊張してニィハオとシィエシィエくらいしか言えませんでしたがw


IMG_3315
IMG_3357
IMG_3302
IMG_3355

逆に交通費と食費はびっくりするほど安いです。
地下鉄は日本の半額程度ですし、タクシーなんか2割くらいじゃないでしょうか。
屋台や露店なら100〜300円くらいで様々な食物が売っています。が、ちゃんとしたところで美味しいものを食べようとすると日本と同じくらいはかかりますw
しかし……


IMG_3279
あらゆる食べ物にハッカク(スターアニス)という臭いのキツい香辛料が使われています。
どんな臭いか知らない人でも台湾に行けば食事のあるところ必ずこの臭いが漂っているのでわかります。
台湾のコンビニも100%この臭いで満ちています。FFを多く取り扱っているので。
こればっかりは和食とは相容れないセンスなのでちょっと辛いですね。
日本の外食チェーンも大量に店を出している他、コンビニに日本語のパッケージそのまんまで同じ商品売ってることもあるので、厳しい人はそちらを利用するのもあり。

IMG_3290
IMG_3277
台湾はコンビニ大国です。日本も大概多いですが台湾はそれを遥かに上回ります。
見慣れたファミマやセブンの看板がいたるところに掲げられているので、日用品の補充にはまず困らないでしょう。無理に日本で買って持っていく必要はないです。
台湾のコンビニの特徴としては、イートインスペースが必ずと言っていいほど存在するのが面白いですね。
コーヒーやスムージーみたいなドリンク販売も盛況のようで、つまるところレジでよく待たされますw
台湾の人は外食が好きなのか、コンビニで買ってそのままイートインで食べたり、露店で家族揃って食べている光景をよく見かけました。
非常に重要なことですが、そういう文化のためコンビニではビニール袋がもらえません。
トートバッグやビニール袋は自分で持っていきましょう。


IMG_3289
台湾は雨が多い国です。そのため、市街地のビルは不思議な形をしています。
殆どのビルにおいて、2階以上の部分が歩道に突き出すように密集して建てられているため、歩道自体がさながらアーケードのように雨除けになっています。
また、台湾はエスカレーターも車道もすべて右側通行。車の来る方向が日本と真逆なので注意。
運転が荒いというほどでもないですが、割りと容赦なく距離を詰めてくるので道路を横断する時は気をつけてね。

特に原付きの自由さが凄い。台湾は原付き天国でそれはもう街中走り回ってます。文字通り『街中』です。狭い路地でも通れる限り突っ込んでくるのでこれまた注意。
余談ですが、台湾の人は床に座るのをはしたないとはあまり考えないようで、結構あちこちで若い人でも平気で床に座ったりしてました。
日本だと時代遅れのクソダサヤンキーみたいな原付き+床座りコンボを、台湾ではイケた格好のにーちゃんねーちゃんでも平気でやっているのがちょっと面白かったです。


台湾に行って感心したことベスト3
まず台湾は不快なパチンコ屋という存在がないので清々しかった。日本みたいに閑静な住宅街でも必ず駅前にアレが存在するのは観光面で言うと完璧にマイナスだと思いました。
あと昼間でも深夜でも、客引きが全然来ない。声はかけられるけど日本みたいに進路を塞いでまで話しかけてくるような不届き者はいません。
最後に人の混雑するところでは歩行者も必ずみんな右側通行を徹底しているのに驚きました。日本人はぶつからないようにすり抜けるのは上手いですが、好き勝手に歩いてますよね。
観光立国を目指すなら、本気でこの3つはどうにかすべきだと思いましたね……。


最後に淡水河に遊びに行った写真を幾つか。
IMG_3330
IMG_3325
IMG_3326
IMG_3349
IMG_3344

私の副業に非常に関係する場所なので見に行ったのですが、まさかこんなに賑わった観光地だったとはw
国内だと作業場は100%ド田舎の海岸なので……。
お祭り騒ぎの出店や街の混雑具合を見ていると、昭和の雑多な賑わいを思い出します。
今回はライブがメインのため観光をする時間がほとんどありませんでしたが、次はもっと色々遊びに行きたいと思います!
みんなも行こう台湾!なんならアイマス絡みだったら一緒に行ってもいいですよw


IMG_3359
また、いつかここにみんなで。それでは。