気がつけばミッションの半分が終わった第12話。
KRは1話45分なので日本の感覚で言えば実質18話ぐらいまで行ったわけですが、話はここからようやく折り返しかな?かなりボリュームありますね……。
2017-07-17 (30)
ステージ上で倒れて病院へ救急搬送されたテリ。
不幸中の幸いと言うべきか、倒れたのはメインボーカルの責を全うし、ミッションを終えたその直後でした。
原因は摂食障害による急性貧血。命にかかわるほど深刻な状況ではないものの、摂食障害そのものを治さない限り簡単に退院の見込みは立たないでしょう。


事情を聞いた候補生たちはテリの異変に気づけなかったことを悔やみます。
昔から付き合いのあるデビュー組ですら、練習からくる疲労と取り違えていました。
2017-07-17 (1)


2017-07-17 (2)
病院に残ってテリの様子を見守るシム社長も、今回のことには強く責任を感じているようです。
ミッション会場にテリの荷物を取りに行ったスジは、その前にこっそりと病院へ赴き、カンPに実はテリの症状に気づいていたことを告白しました。
カンPはスジにあまり思い詰めないようにと言います。
2017-07-17 (3)
2017-07-17 (4)
どん底まで落ちれば這い上がる力も湧く……と、厳しい言葉ですが、どん底まで落ちたコンビには通じるものがあるもの。


プロデューサーと一緒に会場に戻ったスジは、ふと、ステージを見上げて足を止めました。
2017-07-17 (5)
その胸にいつまでも消えない熱を確かめるように。


その夜、テリのこともあってお互いを気遣い合おうと決意するルーキー組。ステージの出来にも自信を覗かせ、ますます結束を固めています。
2017-07-17 (6)

それを見てしまったヨンジュは当然面白くありません。テリが倒れたことも、ステージも結果にも。
その心情を具現するように、大部屋ではジェインやユキカが、テリが倒れたのはヨンジュが追い詰めたせいではないかと話していました。
これにはヨンジュも聞き流すことはできず、叩くようにドアを開けると、昨日はみんなでテリを説得したはずだと言い返します。
2017-07-17 (8)
しかし、テリがそこまで追い詰められたそもそもの原因はヨンジュだと、ジェインにハッキリと言い返されてしまいました。
ソリママが、病気のことは誰も気づけなかったのだから等しく責任があると仲裁に入りますが、ヨンジュはそれさえも否定します。
2017-07-17 (9)
「これはデビューをかけた勝負だ。私はチームが勝つためにみんなを引っ張ったのだ」と。


その頃、病院にはテリの兄・テウが駆けつけていました。
大事な家族を傷つけてしまったことを詫びる社長。
2017-07-17 (10)
概ね事情を察しているのか、テウはことさらに責めるようなことはせず、今後をどうするのか尋ねます。
社長はあくまでも夢を追う若者を手助けすることが目的。辞めるのか続けるのか、テリの意志を尊重するとのことでした。


翌日、第3ミッションの結果発表の時間がやって来ました。
2017-07-17 (11)
テリがいないのは当然としても、そこにはヨンジュの姿もありません。
昨日の大喧嘩の影響もあってか、ヨンジュは外で1人、スマホでBJココの配信を見ていました。

2017-07-17 (13)
結果は僅差でルーキー組の初勝利。
コメントを見るとデビュー組はボロクソに言われていた気がしますが僅差でした。
2017-07-17 (14)
しかしながら総投票数も増え、順調に知名度は上がっている様子。

――どこかの小さな食事処でも、若者が熱心にスマホで配信を見るほどに。
偶々お客さんが見ているその番組を覗き見た食事処の奥さんは驚愕します。なぜならそこには、大学で陸上をやっているはずの娘の姿が映っていたからです。
2017-07-17 (15)


その娘――スジは仲間と勝利の喜びを分かち合っていました。
今まで勝とうとさえ思わなかった自分。勝ちたくて全力を振り絞って掴み取った勝利。
2017-07-17 (16)
その余韻に不思議な感覚を得て。


プロデューサーにはルーキー組の勝利は当然見えていました。
デビュー組の失敗を教えなかったのかと社長に問われると、成功と失敗から自ら学ぶことが武器になる、と相変わらず厳しいご意見です。
2017-07-17 (17)


どうして自分たちが負けたのかとプロデューサーを問い詰めるヨンジュ。
カンPはデビュー組のステージをすべて上出来と認めた上で、ルーキー組に勝る魅力がなかったと断じました。
2017-07-17 (18)
2017-07-17 (19)
しかしヨンジュはこれに納得しません。彼女は自分にできることを完璧にこなしたつもりでした。アドバイスに従ってパート分けも変え、妹の力まで借りたのです。
カンPはヨンジュだけではなく、全員に向かって「サバイバルの目的は何かを考えろ」と言い、テリが戻るまでサバイバルの中断を宣言しました。


プロデューサーの問いかけに困惑する候補生たちですが、スジには別の大問題が立ちふさがっていました。突然母親が電話をかけてきたのです。
ユジンから母親がサバイバルの件が知ったことを聞かされるスジ。
ですが、ユジンは母親から聞かれてもスジが自分から説明するまで何も答えなかったそうです。親友の鑑だねこの人。
2017-07-17 (20)


差し当たり、意識を取り戻したテリのお見舞いに行く候補生たち。
そこには兄・テウの姿もありました。テウの姿を見て驚く一行。彼は有名な俳優チョン・テウその人だったのです。
2017-07-17 (21)
カンPとは別タイプのイケメンだなと思っていましたが……なるほど。
努めて明るい様子のテリでしたが、今度は拒食症に陥り、食べ物の匂いを嗅ぐだけでこみ上げてしまう始末。復帰には時間がかかりそうです。


その夜、迷った末に意を決して母親に電話するスジ。
学校とマラソンを勝手に辞めたことを怒られると覚悟していたスジですが、スジ母はとっくにそのことを知っていました。魂を分けた双子の死がスジにとってどれほどの苦しみであるか、両親にはよく分かっていたのです。
2017-07-17 (22)
だからこそ、スジが新しい居場所を見つけられると信じていたし、そのことに口を出すつもりはありませんでした。
ただ、その居場所がまさかスアと同じアイドルという舞台だったのは、両親にとっても意外だったようです。
2017-07-17 (23)
「幸せなの?」母親からのその疑問に、スジは返す言葉が見つかりませんでした。


サバイバルが中止になったことで暇になった候補生たち。
2017-07-17 (24)
ひさしぶりに寮の大掃除に取り掛かります。ハソの太ももが眩しい。
その最中、ユキカとジェインはハソの部屋でラッパーには似合わない伝統的な韓服を発見。
コスプレ趣味か?とハソをからかいに行く2人ですが、ハソは怒って服を奪い返すと部屋に戻ってしまいました。
2017-07-17 (25)
どうやら彼女にとって触れられたくない秘密だったようですが……。


2017-07-17 (26)
一方、再びテリの見舞いに訪れたスジは、病室の前で立ち尽くしているヨンジュを見つけます。
2人きりにさせようと、その場を離れたスジとカンPは病院の中庭でコーヒーブレイク。
またスジが妙な悩みを抱え込んでいる節を感じたカンPは、ぶっきらぼうに尋ねました。
そこで、スジはカンPに聞きます。「幸せとは何か」と。
2017-07-17 (31)
カンPは少し考えてからこう答えました。「希望だ」と。
2017-07-17 (27)
わずかでも希望があれば人は幸せだと思える。逆に希望が持てなければ不幸だと感じる。まるで一年前に、スアを失ったプロデューサーがそう感じたように。


――ふと、中庭でカンPを見つけた医師が何事か訝しげな視線を向けますが、業務に忙殺されてその場を去っていきます。
2017-07-17 (28)
おそらく一年前にスアがここに運び込まれた?ことに関係するのでしょうか。
ところが、それとは別のトラブルが2人の元に舞い込んできました。
2017-07-17 (29)
息を切らせて走ってきたテウがこう言うのです。「テリがいない」と――



2017-07-17 (7)
気を抜くとすーぐジスルとミントがイチャイチャしてる……(;゚∀゚)=3
それでは。