今回はレンジャー編。


MA10スレイド(MA9スレイド)
あまりに弱いと文句を言われたせいかDLC武器がヤケクソみたいに強くなったレンジャー。
スレイドはかつての神器AF100を思い出す万能兵器。
全てが高性能な上に近距離では貫通性能も持つため、緑蟻対策や洞窟・基地内ステージで特に威力を発揮する。
あらゆるステージに持っていって間違いのない逸品。


ブレイザー
スコープがなくなった代わりにリロード可能になった零式レーザーライフル。バランス壊れちゃ〜う。
射程・威力共に最高級だがリロード時間が長いので残弾には常に注意。
スコープもないため遠距離で当てるには素のエイム力が要求される。
また射程が長すぎるがゆえに誤射の危険性も高い。
ブレイザーは強力だがこれさえあれば勝てるという必勝の切り札ではなく、残弾管理・エイム力・誤射注意とEDF歩兵としてプレイヤーの技量が問われる点が面白い。

蜂相手はブレイザーの十八番。そもそもの射程が長い上に弾速が光速のためとても当てやすい。
まずはチョン押しで空を斬るようにレーザーを振り、蜂の動きが一瞬止まったところを正確に撃ち落とすとよい。
数が多ければ適当に振り回しているだけでボロボロ落ちる。
タッドボウルは同じように斬り、地面に落ちたところを処理。
洞窟内では敵を貫通できないブレイザーは基本的に不要となる。


バスターショット
のショットガン。射程減衰がないため、密着ショットガンの威力をリスクなしで射程いっぱいまで叩き込める。
大型キラーであり、銀大蜘蛛やアーケルスを相手にしてもレンジャーで五分以上に戦える決戦兵器。
通常のショットガンに比べて殲滅力は高くないので大群相手には不向きだが、大群に混じってくる金蟻・銀蜘蛛・紫蟻には非常に有効で、変異種が現れる高難易度では重要な役割を持つ。
弱点はなんと言っても自爆リスクの高さ。誤爆・誘爆・ご用心。
リロードは重すぎない程度だが、高難易度で4秒のリロード時間は数値以上に長く感じる。余裕のある時にリロードしておきたい。


フラクチャー
通常型ショットガンの完成形……なのだが、スレイドとバスターショットに役割を食われて出番がない。
自爆が怖い洞窟内で瞬間火力が欲しいなら、といった程度。


ライサンダーZF
僕らの礼賛乙が返ってきた!
ブレイザーが届く程度の射程までなら敵を貫通するのでファングの代わりとしても使える。
今回は二丁持ちできないが、他の武器も強いので二丁持ちする必要性は薄い。


ターミガンHAZ
アップデートによってダメージ強化された、前作で言うところのハーキュリー枠。
威力は控えめに見えるが高い連射速度と短いリロード時間によってライサンダー並の遠距離攻撃力を持つ。
また、ちょっとした数の敵なら近寄られてもそのまま接近戦で戦える器用さが売り。
片手に近接武器が持てないが、狙撃銃が欲しい……そんなアナタに。


E21ホーネット
弾速がゴミだらけのロケランカテゴリにおいてスナイパーライフルにも匹敵する神速で弾頭が飛ぶロケランの究極系。
この性能になって初めてロケランを使ってもいいかなという選択肢が生まれる。
ターミガン同様継続火力がずば抜けて高く、スナイパーライフルの代わりに連射してアンカーなどを狙撃破壊できる優れもの。
爆発物と狙撃を一つの武器で済ませたい……そんなアナタに。


ゴリアスZDXE
何故かセミアクティブレーダーというゴミをつけられたZDと違って、純粋に威力と範囲のみが強化された。
オンでも通じる威力があり、レンジャーの精密狙撃を活かした先制爆撃が期待できる。


MLRA-TW
蜂や蜘蛛の大群の動きを止め、味方の援護で殲滅するための補助兵器。
最強はMLRA-TFじゃないのかと思われるかもしれないが、TFは自爆する危険性が極めて高く、歩きながら発射することさえ困難。
どうせ威力はいらないので役割を果たすことを考えるとTWが安定する。
TWはロックオン数がやや少ないが30体もあれば十分。


フレイム・ガイザーF
威力やリロード速度が十分高く、炎が消えるのもそこそこ速いので味方の進軍を妨害しないという点でもオンに持っていける。
ただしガイザーだけで敵を倒せるほと強くはないので、炎で足止めしつつもう一つの武器で敵を倒そう。


リバースシューターX
今回もレンジャーの切り札。当たった敵は爆風で吹っ飛ぶので、敵に囲まれたときの切り札としても使える。


ハイサイクル・リバーサーZD
自分を回復できない代わりに回復できる総量が非常に高い。
落ちる回復アイテムが少ない・取りにくいステージではレンジャーがこれを持っていくだけで安定する。
自分は死んでも他の仲間の体力を回復して復帰させてもらえばいいので、回復アイテムはなるべく取らないように。
他にも味方のビークルを回復するのに役立つ。味方のバルガが囮になってくれていたら、遠くからそっとリバーサーをかけてあげよう。


おまけ・ブレイザー+スレイド
アサルトライフル二丁という冗談のような組み合わせの装備だがこれが圧倒的に強い。
射程と威力はあるが、リロードが長く貫通性能がないブレイザーは多量の敵に接近されると弱い。
スレイドはその欠点を完璧に補う上、スコープがついているのでブレイザーでの狙撃も補助できる。
(スレイドでスコープ照準を合わせて、そのままブレイザーに切り替えるだけ)


おまけ・ブレイザー+ライサンダーZF
レンジャーが最速でエイリアンを処理するための組み合わせ。
ライサンダーでヘッドショット→そのままブレイザーに持ち替えて引き金を引くだけでエイリアンの頭がもげる。
ただし接近戦をブレイザーでこなさなければならないので弾切れに注意。


●補助装備
レンジャーの武装が強化された結果、ビークルは基本的に無用の長物。
バイクですら事故の危険性を考えると自分で走ったほうがいい。
それを踏まえて以下の2点をステージによって使い分ける。

ハイブリッドプロテクターXE
歩行速度・ダッシュ加速が最も高く、被弾時の速度低下や障害物破壊も持っているため汎用性に優れる。
緊急回避を使うより歩き反撃しながら避ける方が被害が少ない場面も。
「被弾時の速度低下」とはあくまで通常歩行中のことであり、ダッシュ中には適用されないので注意。

アンダーアシストE3
レベルが低い装備なので忘れられがちだが、ダッシュ「速度」の最上位はこれ。ダッシュ「加速」は通常と同じであるが、長距離を走る場合は最も速く移動できる。
この装備の最大の特徴は「ダッシュ中の被弾時の速度低下」が0%という驚異的な数値であること。
ダッシュを始めた瞬間からあらゆる攻撃のヒットストップが消失。走り続けるだけで大抵の敵を簡単に引き離すことができる。
走ること以外は特別な性能が何もないが、常に遠距離から敵を一方的に攻撃できるならそれ以外の性能は必要ないとも言える。


期待される役割
一にも二にもまずは狙撃。とくに蜂とレッドカラーはレンジャーが一番得意とする相手のため最優先で攻撃すること。
DLC装備によって火力・殲滅力が大幅に強化されて頼もしくなったものの、前線に出れば死にやすいのは相変わらず。
基本は味方の後ろからとにかく援護に回る。小回りの効くレンジャーなら少々の敵に絡まれても避けながら味方の援護ができるはず。
タゲを取るフェンサーの代わりに敵を倒したり、ウイングダイバーが苦手な敵を排除したり、エアレイダーと一緒に遠くの拠点を素早く破壊したり……状況に応じて最優先目標達成の援護に回ると、驚くほど戦況を楽に維持できる。
レンジャーは最も倒れやすい兵科のため死んでもあまり責められないが、自分が倒れた分の皺寄せは味方に行く。ヤバいと思ったら迷わず反転してダッシュだ。


フェンサー編
ダイバー編
レイダー編