続けてウイングダイバー編。


レイピア・スーパーノヴァ
下位モデルに比べて尋常ではない強化を受けた最終兵器。ランス系のDLC強化品が出なかったため、接近戦の選択肢上位に躍り出た。
オンINFでも使えるが接近のリスクは高いので過信は禁物。エイリアン相手には別の手段を取ろう。


ファランクスZAT
大群相手に小出しにすると燃費は悪いが、フルチャージはエイリアン絶対殺すウェポンとなっているのでヒットアンドアウェイを心がけて戦おう。


ドラグーンランス・トライ
ドラグーンランスZM

強化品が出なかったとはいえそこは龍槍、オンでも通用する圧倒的火力を誇る。
DLC2では蛙まで鎧を着るようになったのでちょっと肩身が狭い。


トリプルランスZD
威力・当てやすさのバランスがいい。DLCコアの上位品があれば、相対的に燃費のいい武器となる。


マグ・ブラスターFDX
緊急チャージに入ったときの護身用、蜂や金蟻への対抗策としても強い。
問題はやはりチャージの重さ。敵が絶え間なく襲ってくるようなステージには向かない。


サンダーボウガンRZAM
バグのあるライトニングボウ、使いにくいボルトガンに比べれば中距離兵器のカテゴリとしては優秀。
射程がかなり長いので誤射に注意。


ライジン・リミットカスタム
取り回しの軽さと威力から唯一オススメする遠距離兵器。エイリアン相手に安全な距離からヘッドショットを狙える。
しかしEN満タンの状態からリロードしても緊急チャージに入ってしまうと使い勝手が極端に悪化するので、高位のDLCコア装備が前提となる。
考えなしに撃ちまくるのではなく、弾を1発残して自分のENを全回復してからリロードに入るなど、丁寧な運用が求められる武器でもある。
リロードして緊急チャージに入らなければ、リロード完了後にわざと飛んですぐ緊急チャージに入ることでEN回復速度を上げ、リミカスを連射できるようになる。

一度拡散した電撃が収束する射線を描くため、近距離の敵にはほとんど当たらない。
また雷撃は反射する仕様上、自爆や待機中の敵に当たることにも注意。
洞窟内に持っていくと、その長射程と反射する性質からありえないような距離の敵に攻撃を加えられるのも一興。


プラズマ・グレートキャノン
ダイバーの誇る究極砲。その射程と弾速から狙撃兵器の代わりとしても使える。
オンINFでも通用する威力があるが、さすがに銀蜘蛛を確殺とまではいかなくなるので、無駄な吹き飛ばしに注意。


ミラージュ15WR
蜂やタッドボウルはウイングダイバーにとって最も苦手とする相手のため、ミラージュで足止めして味方に倒してもらうのも一手。
ただし燃費はすこぶる悪い。自分が戦う分のエネルギーまで使ってしまうので、使える状況は限定的。


ゴースト・チェイサーDA
下位モデルと違い自爆すると吹き飛ぶようになってしまったので、上を向いて使うかビルの端など自爆しない状況で使う必要がある。
その代わり殲滅力が非常に高い。ディロイの足砲台を破壊して無力化するのも得意。
ミラージュに輪をかけて燃費はすこぶる悪いので注意。


グレイプニールα
蜂やタッドボウルとの乱戦に強い。オンでは威力不足なので敵を倒すのではなく足止めに使うイメージで。
ビッグバン・コアと組み合わせれば途切れることなく撃ち続けられる。



期待される役割
火力はあるもののENの制限が厳しく、攻撃を回避しにくくなる高難易度では、フェンサーのような防御力もないウイングダイバーは前線の立ち回りが厳しくなる。
まずは一撃離脱戦法による強襲。敵集団を迂回して最も厄介な相手を先に倒したり、アンカーやシールドベアラーを破壊して敵に囲まれた状況から離脱できるのはウイングダイバーならでは。洞窟内の転送装置破壊は全兵科で最も得意。
蟻や蜘蛛だけが襲ってくる状況では前線での囮を務める必要も出てくる。特に危険な変異種を優先的に狙って倒すのが主な役割になるだろう。
また、誘導兵器による支援はレンジャーやエアレイダーの支援とはまた違った場面で効果が現れる。
汎用性は高くない兵科なので、ステージごとに自分が確実に果たす役割を意識して、そのための装備を持ち込むと活躍できるだろう。


フェンサー編
レンジャー編
レイダー編