これにて完結。


バルカン砲M2
安心と信頼のバルカン砲。DLC上位品が出なかったのだが、それでも十分な火力を持つ。
ステージによって制圧砲と使い分けたい。


120ミリ制圧破砕砲
武器レベルは低いが何気に弾倉火力が高く、全弾発射の総ダメージは10万を軽く超える。
INFでは巨大生物相手に当て辛いものの、大物相手には十分使える。


150ミリ砲νラピス
着弾速度とビーコン連射速度の高さから巨大生物、空中敵、エイリアン、大物相手まで万能の活躍ができる。
特にエイリアンの始末は得意で、一度照準を合わせてトリガーを引き続ければエイリアンの頭がもげるまで弾が降ってくる。


戦闘爆撃機KM6 プランX18
非常に使いやすい一点集中放射状型。機銃攻撃とはいえ凄まじい攻撃密度を誇り敵を一掃する。
大物、アンカー、アラネアのネット掃除などが得意で、蜂やタッドボウル、ドローンなど乱戦になりやすい空中敵にも劇的な効果を発揮。
実は一定の高さにある輸送船のハッチにヒットすることができ、一撃で破壊するほどの威力を誇る。その高さというのがちょうど巨大前哨基地の弱点と同じ高さであり、あれだけ空爆で倒せないと強調された前哨基地が2〜3発で沈む様は壮観。

反面巨大生物やエイリアンに対する打撃力としては低め。
味方を巻き込むのをあまり気にしなくていいKMシリーズとはいえ、さすがにこの密度になると誤射のダメージも馬鹿にならない。中心をバルガに当てると壊れかねないので注意。


重爆撃機フォボスZ プラン4
威力や着弾範囲の形、比較的軽いリロードを考えるともっとも使いやすい爆撃。範囲内の巨大生物を綺麗に一掃する。
DLC上位品としてJクラスター弾があるが、要請から着弾が遅い、範囲が縦に長過ぎる、リロードが重いなどかなり使いにくい。
EDFの敵集団は一列に伸びるのではなく円形を取るので、縦に長い爆撃は効果的ではない上に誤射の危険もある。


ライオニックUA45XE
巨大生物の大群相手からエイリアン、大物まで幅広く対応できる便利なミサイル。
ミサイルがステージ上に現れてから消えるまでそれなりに猶予時間があるので、ずっと誘導を続けるのではなく、しばらく頭上のミサイルが溜まってから少し誘導してやれば全てのミサイルが一点に襲い掛かる(魔空包囲弾みたいなアレ)芸当もできる。
問題はなんと言ってもリロード時間の長さ。長丁場のステージでも3回くらいしか出番がない。


テンペストATS
桁を一個間違えたんじゃないかと思うような威力。とはいえ、5では他に便利な支援要請が多く陰は薄い。
超ビッグアンカーの破壊やエルギヌス・アーケルスの群れ、銀蜘蛛王と銀蜘蛛の集団などに叩き込むといい。


スプライトフォール マキシマム
ハード帯では猛威を奮ったスプライトフォールだが高難易度では威力が不足しがちで、エイリアン相手にはあまり向かない。
マキシマムは発射数は少ないものの効果範囲がやや狭い分敵に当たりやすい。テレポーションシップの下に溜まった敵をちょうど綺麗に一掃できる。
スプライトフォール自体前衛の味方にとって邪魔になりやすいので、一瞬で撃ち終わるという意味でもマキシマムは利点が多い。
パワーモードも悪くないが、敵が攻撃範囲から逃れやすく、威力が高くても当たらなければ意味がない。
デストロイなんてなかった。


スプライトフォール射撃モードβ3
要請直後に着弾するようになったおかげで見違える強さになった射撃モードβ。タイプ2ドローンをサクサク撃墜する。
威力9000弱を僅かな功績値で発射できるのは驚異で、味方やセントリーガンが敵を倒し続けている状況ならトリガーを引き続けることで超連射も可能。
ただし目の前を障害物や味方が横切った瞬間回避不能のレーザーが自分に落ちてくる。使いたいときはNPCを配下にいれてはいけない。


リムペット・スナイプガンZD
何気に威力がレンジャーの狙撃武器並に高く、エアレイダーの護衛武器としては心強い。
基本的にはこの武器で戦わなければならない状況になること自体が失策だが、事故で赤蟻・タッドボウルに捕まってしまう場面もある。心配ならば持っていくといい。


ZEブラスター
索敵範囲、射程、威力、貫通、効果時間、そして何より味方への攻撃判定がない特性が素晴らしい。
過去作に比べて弱体化の激しいセントリーガンシリーズで最高峰の性能を誇る逸品。全ステージに持っていって問題なし。
特に苦手とする蜂・タッドボウル対策としては完璧と言っていいほど噛み合う。
唯一の弱点として照準移動が遅いので、貫通性能を活かしたいところだが敵の近くに置くより離れた位置から援護させたほうが当たりやすい。
当然だがリロードは重いので注意。


ライフベンダー・スパウトガン
救急車を呼べない洞窟ステージなどで回復が必要なときに。


ガードポスト・アシストガン
パワー系より守りを固めるほうが優先度は高い。特にビークルは被弾しやすいので、オンでビークルを暴れさせるときには必須と言っていい。


パワーポスト・アシストガン
エアレイダーは洞窟ステージで火力を発揮しにくいので、代わりに味方の火力を底上げる。ビークルに載せてもよし。


アブソリュートDZトーチカ
耐久度や大きさ、リロード時間を考えるとこれがあれば電磁城壁は不要になる。
今作ではどの兵科も機動力が上がり、陣を敷いてみんなで砲撃するようなステージが減ったためあまり出番はない。


キャリバン装甲救護車両SAターボ
回復アイテムが少ない、拾いにくいステージではとりあえず呼んでおくと味方の役に立つ。
支援要請が強化された今作ではビークルで戦う必要性はかなり少なくなった。


ニクスアサルト
普通に戦っても強いが恐ろしいのはその圧倒的機動力。平地であってもINFの蟻や蜘蛛を平気でぶっちぎる。
敵に囲まれたときの逃げ足として常に側に置いておきたい。
癖がなく使いやすいマシンガンは相手を選ばず、強力なエクスプロージョンで対エイリアンもお手の物。
マシンガンは距離減衰が非常に激しいこと、エクスプロージョンの弾数が少ないことが悩み。


デプスクロウラー
ジャンプ力を犠牲に緑蟻のごとき高速移動を手に入れたデプスの最終進化形態。
洞窟内はもちろんのこと、実は屋外で使っても便利。
ニクスアサルトに比べると機動力は低いが、街中ならば十分に逃げられること、自在にビルが登れること、要請ポイントが低いこと、アイテムを集めやすいことなどが利点。


ストライクバルガ
下位モデルから全ての性能が2倍になった超大型巨人。
足元にガードポストを乗せれば金蟻・銀蜘蛛を相手にしてすらしばらく囮が務まるほどの圧倒的耐久値を誇る。
蟻や蜘蛛に比べれば、蜂やタッドボウルは腕を振り回してるだけで落とせるので、空中敵を倒すのも実は結構得意だったりする。
自分を囮にして敵を集めたところで一瞬降りる→足元に支援要請→再搭乗でバルガごと敵を攻撃するといった運用が可能。


期待される役割
まずは敵の大軍の数を減らすこと。敵の出現条件・位置を覚えたり功績を無駄遣いしないよう管理する必要がある。
そして前衛は乱戦になると遠くの大物を狙う余裕がないので、エアレイダーは率先してエイリアンやアンカー、大物の敵などを倒すこと。
また、簡単に死なないように気をつけること。危なくなる前にビークルに乗って逃げよう。
ビークルが近くにない状態でエアレイダーが一度倒れると、前衛が敵を引き連れたまま救助してもまたすぐに敵にボコられて死ぬので救助できず、エアレイダーの殲滅力が得られない前衛はそのままジリ貧で敗北……という窮地に陥りやすい。
そして一番大事なのは味方の邪魔をしないこと。空爆に巻き込まないように。


フェンサー編
レンジャー編
ダイバー編