Maison simple de [Rene]

主人のいなくなった家で帰りを待つ、副管理人のプロデューサーのつぶやき箱。

EDF

EDF4.1 DLC2 ミッション23 星の牢獄 攻略まとめ

年末年始に時間のかかるこの最終ステージを集中的に攻略したので、所感をまとめてみた。

●理想メンバー
【必須】エアレイダー:パワーアシストガンMG、プラズマバッテリーガンZM、イプシロン装甲ブラストレールガンE
【必須】ウイングダイバー:グングニル×2
【ほぼ必須】エアレイダー or レンジャー:片手に回復装備
【自由枠】誰でも

前作ではトーチカを設置して制圧前進する戦法もあったが、今作ではアースイーターの攻撃が強力なので基本的に腐るほど呼び出せるレールガンを盾代わりにした方が効率がいい。
また砲台のHPも半端なく高く、パワーアシストを付けたレールガンでもなければ一撃で破壊できないので非常に時間がかかる。レールガンは要請できるようになったらすぐに呼び出し、もう1人のエアレイダーかレンジャーに乗ってもらおう。
レールガンは緊急チャージ中のウイングダイバーを運搬するのにも使うのでその点を意識しておこう。
エアレイダーは暇な時間に必ずリロードし常にパワーアシストやバッテリーガンが使える状態にしておくこと。
レンジャーなら狙撃武器+回復装備が安定する。後で金蟻を相手にするので思い切って狙撃はレールガンに頼ってAF100でもいいかも。
フェンサーは片方に金蟻と戦う装備、もう片方は普通にバトルキャノン×2で砲台をどんどん落とそう。
エアレイダーの2人目はイプEを持っていく必要はないので、ネグリング、ベガルタ、プロテウスなどでガンガン砲台を落とすとよい。
ダイバーの2人目がいればさらにグングニル×2。安定性と速攻性が飛躍的に高まる。

●攻略法
―第一形態―
まずはパワアシを付けてもらってウイングダイバーが突撃して正面のヘクトルとコアを破壊する。
グングニルはバグでコアに対してダメージが安定しないことがあり、コアにダメージが通った状態で撃ちきってしまうとヘクトルに殺されるので、先にヘクトルを撃って倒してしまおう。
このステージはヘクトルも非常に堅いので、グングニルはヘクトルを倒すのにも使っていい。

次に最初のヘクトルがいた辺りの交差点を東に曲がるとその先にマシンガンヘクトルが見える。
これも遠距離で始末してしまおう。
ちなみに、東に曲がった先にある大きめの交差点の北側にはレーザー砲台がある。INFのレーザー砲台は信じられないような角度で攻撃してくるため交差点の位置でも余裕で射程内だったりする。
駆け抜けてしまえば問題ないが、緊急チャージ中のダイバーなどは焼き殺されないように。

マシンガンヘクトルのいる先に、お馴染みの大きな坂とコアがある。まずはコア周辺の砲台を落とそう。
このコアに対して北側と東側の奥に盾と粒子ストリーム砲を持ったヘクトルがいる。
コアの奥に見える砲台を攻撃して、東側の奥にいるヘクトルを釣り出し撃破しよう。手早く行けばこれで一体ずつ仕留められる。
その他、スタート地点から後方に迂回し坂の上から陣取ってヘクトルを相手にする方法もある。
どちらにせよレールガンがあれば大した敵ではないはず。
ダイバーはグングニルのチャージが終わり次第ヘクトルにかましてやろう。
坂周辺のヘクトルと砲台の掃除が終われば、付近の2つのコアを破壊して一息つける。

次に、モノレールの駅西側から立体交差の辺りの砲台を落としまくる。
すると最後に残った盾持ち赤玉ヘクトルが動き出すので、速攻で撃破しよう。このヘクトルが一番厄介な相手だ。
ヘクトルがいなくなれば後は砲台を掃除しながら前進して立体交差付近のコア、公園直上のコアを破壊して第一形態は終了となる。
最後のコアを破壊する前に必ず体力を回復し、レイダーとダイバーのリロードが完了した状態にすること。
ダイバーとレイダーは次に備えてモノレールの駅付近に待機。
最後のコアは他のメンバーで片付けよう。


―第二形態―
第二形態は出現したコアの速攻撃破を狙う。
モノレールの駅付近から西側の方向に銀蜘蛛のコアが、南側ほぼ直上に赤蜂のコアが降りてくるので順にグングニルで破壊しよう。
銀蜘蛛のコアが即座に降りてくるのに対して赤蜂のコアは降りてくるのがやや遅い。タイミングに注意。
外したら再出撃。バグでダメージが通らないこともあるのでダイバーを責めないこと。
首尾よくコアを破壊できたら、レイダーはレールガンでダイバーを回収して立体交差の上を通る道路をひたすら画面端まで逃げる。
この画面端にある交差点付近が安全地帯となっている。
他のメンバーは逃走するレイダーの援護に回る。逃走経路の直上にレーザー砲台が密集して現れるので、これを破壊しないと逃げている途中に焼き殺される可能性が高い。

全員が揃ったら近くにある砲台を落としていく。ダイバーはチャージが完了次第飛び回っている赤ビークルを撃墜する。コアを2つ破壊していれば赤ビークルは3機しか出てこない。
途中で金蟻が来たらそちらの対処を優先すること。
赤ビークルを倒したら、今度は金蟻を投下するハッチを攻撃する。コアと違って安全地帯からでも射線が通る。
ハッチを破壊、残りの金蟻を駆除したらクリアしたも同然。
後は砲台を落とすなりアイテムを集めるなりご自由に。


―第三形態―

グ ン グ ニ ル

以上。お疲れ様でした。

EDF4.1初心者隊員に贈る超簡単アドバイス集・エアレイダー編

基本編
レンジャー編
ウイングダイバー編
エアレイダー編
フェンサー編


<エアレイダーは距離を保つ>
レンジャー以上に接近戦が弱いエアレイダーは後ろから味方をフォローするのが役目。
しかし後ろに下がりすぎても前線で戦う味方の援護はできない。
装備に見合った距離を保って最適なタイミングで味方を支援するのが最良。


<エアレイダーは身を守らない>
エアレイダーの支援要請、サポート装置、トーチカはどの兵科にもない強力な武器である。
リムペットガンやワイヤーは威力が低くオンでは役に立たないので特に持っていく必要はない。
敵に絡まれたらお手上げに見えるが、多少の敵なら味方に任せていい。
ステージ上どうしても味方が散開する必要がある場合は、ワイヤーの方が撒き逃げできるので生存率は上がる。


<エアレイダーの本体はビークル>
ビークルはエアレイダーの最後の砦。多少の敵はビークルで薙ぎ払えるため自衛武器が必要ない。
しかし、ビークルは体力こそ高いが図体が大きく、敵の攻撃を受けやすいため集中攻撃をくらうとあっさり壊れる。
ビークルに乗って敵と戦う場合も、やはり距離を保ち味方の援護をするように攻撃しよう。


<功績値の管理は最重要>
功績値は原則的に倒した敵の体力に比例して貰える。
功績値が溜まった状態で大物を倒してしまうと功績値がもったいないし、かと言って敵が少ない状態で使い切ってしまうと次の敵集団が出てきたときに支援要請が使えない。
エアレイダーは戦況、ステージ構成を完璧に把握して立ち回る必要がある。


<ビークルにサポート装置を載せる>
呼び出したビークルに飛び乗ってサポート装置を載せれば、サポート装置をビークルと一緒に移動しながら使うことができる。
ビークルの強化だけでなく、味方をサポートしながら進軍できるので必須のスキル。タイタン以外は簡単に登れる場所があるので練習しておこう。
残念ながらトーチカはずり落ちるため乗せることが出来ない。


<オススメ装備組み合わせ>
・誘導ビーコンガン+ネグリング自走ロケット砲
ネグリング自走ロケット砲は通常1体につきミサイル1発しかロックオンできないが、ビーコンガンを使うことでミサイルを多重ロックオンできる。
雑魚にはそのまま、大物には多重攻撃と使い分けることができるので、どのステージでも役に立つ。
ただし敵に絡まれるとどうしようもないので少し大きめに距離を取ろう。

・パワーポスト(アシストガン)+ガードポスト(アシストガン)
攻守を強化する基本的な組み合わせ。基本的故に強い。NPCが多いステージではさらに強力。
1ヶ所に留まって戦う場合はポスト、移動しながら戦う場合はアシストガンを使おう。
ステージに合わせてトーチカやライフベンダーに変えてもいい。

・機銃掃射プラン
ピックアップ。4.1で超強化された支援要請。乱戦状態でも誤爆のリスクが低く、敵の誘引効果も強い。
必要功績値も低めなのでどのステージでも使っていける。
ただし敵を誘引する=待機状態の敵を起こすことにもなるので注意。

・波状攻撃
ピックアップ。誘引効果だけなら最強の支援要請。要請した場所に30秒間敵を釘付けにできる。
ただし必要功績値が高く、威力は壊滅的に低い。あくまで囮と割り切ろう。

・機関砲
ピックアップ。要請した場所に機関銃の雨が降る。必要功績値に対する累積ダメージがずば抜けて高く建物を破壊しないため、遮蔽物に隠れてばら撒いているだけで敵航空戦力が見る見る減っていく。
航空戦力や動かない相手には強いが、地上戦力相手にはやや不向き。
また、アースイーターがいるステージでは使えないので注意。

・サテライトブラスター
ピックアップ。雑魚から大物相手まで使える万能兵器。輸送船やトンネルの出口から出てきた敵を出落ちさせるのが得意。
精度が高く誘導で好きな場所を攻撃できる。必要功績値が低めで溜まったらとりあえず出して行ける。
要請から発射までが早いので、敵に近づかれたときに追い払うのにも使える。(要練習)
これもアースイーターがいるステージでは使えない。

・電磁プリズン
ピックアップ。プリズンという名前だが敵はこちらに近づいてくるので味方を囲うように設置しよう。
このトーチカの特徴はなんといっても圧倒的なリロードの短さ。戦闘中に破壊されても10秒耐えれば再設置できる。

・イプシロン装甲レールガン
ピックアップ。初心者向けには最も使いやすいビークル。貫通、高威力、高精度の射撃は敵をガンガンなぎ倒してくれる。
ただし仰角が取れないため、輸送船やアースイーターを下から狙うのが難しい。またギガンテスに比べて足が遅いので敵から逃げきれない。

・キャリバン装甲救護車両
ピックアップ。装甲車両という名前の救急車。攻撃力は一切ないが、回復アイテムが少ないステージでは後方に置いておくと味方が回復でき、非常に助かる。
ただし置き場所が遠すぎると役に立たないので、適度に運転して仲間と一緒に行動しよう。足回りは強い。

・ネレイド
ピックアップ。初心者向けには最も使いやすいヘリ。飛び立つのにやや時間がかかるので、その前に破壊されないように。
ヘリの特徴として、かなり近づかない限り敵は空中のヘリより地上の味方を優先して攻撃する。地上で奮戦する味方の頭上から援護してあげよう。その際はロケット砲に巻き込まないように注意。


To be Continued…

EDF4.1初心者隊員に贈る超簡単アドバイス集・ウイングダイバー編

基本編
レンジャー編
ウイングダイバー編
エアレイダー編
フェンサー編


<ダイバーは一撃離脱>
自在に空を飛び、近距離兵器の攻撃力が非常に高いウイングダイバーは前線を遊撃手として飛び回るのが役目。
敵を飛び越え、大物・輸送船・トンネルの出口を破壊してすぐに離脱することで最も活躍できる。


<ダイバーは囮>
特にビル街において、逃げに徹するウイングダイバーは強い。囮がいれば味方は安全に攻撃できる。
囮役は生き残ることが第一なので無理に敵を倒す必要はないが、レイピア・中距離レーザーなど燃費の良い武器で近づいた敵だけ追い払うように攻撃しよう。


<ダイバーは飛べる>
継続的な狙撃戦においてはレンジャーが強いが、ウイングダイバーはビルの上から容易に敵を狙撃できる。レンジャーがいない場合の釣り出し役としても最適。
また輸送船の上に乗るだけで勝利がほぼ確定するような場面も多々ある。戦場をよく見渡そう。


<ダイバーは飛べるが空中敵に弱い>
ウイングダイバーは唯一空を飛べる兵科だが、自分の頭上を取る敵には滅法弱い。
近距離兵器が当たらず、中距離以上の兵器はどれも威力や燃費に問題があり孤立すると危険。仲間と協力して戦おう。


<ダイバーはエネルギーが尽きると死ぬ>
ウイングダイバーは武器のリロードにも移動にもエネルギーを使う。敵の目の前でエネルギーも残弾も切れたら死ぬしかない。
エネルギーの管理だけはしっかり行おう。


<あえてエネルギーを使い切る>
緊急チャージに入るとエネルギーは2倍の速度で回復する。つまり、エネルギー残量が半分を切っていたら緊急チャージで回復した方が早く全回復できるということ。
敵が近くにいても武器が弾切れてさえいなければ、緊急チャージの間乗り切ることもできる。エネルギーが切れそうになったらあえて大きく飛んで逃げて、緊急チャージに入って切り抜けるのも大事なテクニックだ。


<オススメ装備組み合わせ>
・ランスorレイピア+中距離レーザーorイズナ
ウイングダイバーの基本装備。近づきにくい敵はレーザーやイズナで削り倒す。
レイピアやレーザーならエネルギー消費が軽いのでいつでも逃げられる。
ランスは威力が高い上それなりに射程があるのでオンで大活躍するが、エイム力が求められる。

・レイピア+MONSTER or ライジン
MONSTERとライジンは遠距離に弱いウイングダイバーでまともにダメージを与えられる数少ない狙撃武器。
エネルギーの消費が激しいので周囲の安全を確保してから狙撃すること。敵に近づかれたらレイピアで牽制しつつ、すぐに逃げる。

・レーザーチェーンソー
ピックアップ。レイピアと中距離レーザーのいいとこ取りをしたような性能でかなりの火力を誇る。
HARDなら狙撃以外は全部これ一本でいい。

・ヘブンズゲート
ピックアップ。設置すると真下に強力なレーザーを発射する。
トンネルの出口の真上に設置して逃げるだけで、足を止める必要すらなくこれを破壊できる。
使うときは設置したい場所に飛び上がりつつ溜めなしで出して置き逃げするのが安定する。
通常の戦闘でもとりあえず自分の近くで出しておけば敵が引っかかってくれるかも。


To be Continued…

EDF4.1初心者隊員に贈る超簡単アドバイス集・レンジャー編

基本編
レンジャー編
ウイングダイバー編
エアレイダー編
フェンサー編


<レンジャーは後衛>
レンジャー基本的な兵科でありどんな敵にも有用な武器を持つ。
しかし機動力の低さから敵に接近されると弱い。基本的には後衛を務めること。
特に仲間にフェンサーやウイングダイバーがいれば、彼らより前に出る理由はない。


<レンジャーは狙撃のスペシャリスト>
レンジャーの狙撃は正確無比。主な役割は敵の航空戦力を落とす、待機モードの敵の釣り出しの2つである。
飛行ドローンや蜂は他の兵科にとっては苦手な相手なので、レンジャーはまず空の敵を攻撃しよう。
敵の釣り出しはレンジャーの大事な役目。仲間に攻撃許可を確認してから、群れから離れた敵を正確に狙おう。


<レンジャーは衛生兵もできる>
レンジャーにはリバーサーがある。仲間を回復できる利点はオンで最大限に発揮される。
乱戦でも一瞬で範囲内の味方を回復し、敵を吹き飛ばせるリバースシューターが良いだろう。
味方を蘇生した/された瞬間に使うのもよい。


<レンジャーは松明にもなれる>
爆発武器やナパームで洞窟内をコンスタントに明るくできるのもレンジャーの特徴。
片手を松明にしてしまうことで、味方が戦いやすくなり、結果としてチームが強くなる。


<レンジャーは仲間を集めよう>
レンジャーは回復アイテムを取ることで配下のNPCを回復できる。基本的にNPCはレンジャーが集めて問題ない。
ただしNPCを回復するために無闇に回復アイテムを取るのはやめよう。


<レンジャーがビークルに乗るときは要確認>
レンジャーはエアレイダーと同じようにビークルに乗ることができるが、勝手にビークルに乗らないこと。
レンジャーは生身でも戦えるが、エアレイダーはビークルがなければ活躍できない。
(※プロテウスやプルートなど、複数乗りで真価を発揮するビークルは別)


<オススメ装備組み合わせ>
・スナイパーライフル+スナイパーライフル
接近戦に弱いが洞窟以外はどこでも使える。
連射速度が遅いライサンダーなどで、発射→武器切り替え→発射を繰り返して使おう。

・スナイパーライフル+アサルトライフルorショットガン
遠距離+近距離のオールマイティ。片手スナイパーライフルはなるべく連射速度が速いものか、逆に一発が強いストリンガーがいい。
もう片手はステージに合わせて武器を選ぶ。地上敵ならアサルトライフル、航空戦力ならショットガンが安定する。

・アサルトライフル+リバースシューター
衛生兵モード。武器が1つしか持てないので汎用性の高いアサルトライフルが定番。狙撃も必要ならSTシリーズを。

・火炎放射器+ナパーム
洞窟戦装備。火炎放射器は敵の体を貫通して後ろの敵にもダメージを与える。ヒットストップで敵の動きが止まるため、ナパームで防衛線を構築して接近、敵の体を盾にして焼き払おう。

・フュージョンブラスター
ピックアップ。凄まじい威力と精度の銃。リロードができないため使いにくいと思うかもしれないが、使用中に武器を切り替えれば発射を止めることができるので、小出しに使っていけばフュージョンブラスター2丁でも使い切る前に終わるステージは結構ある。
大勢が決すれば弾切れしても仲間が倒してくれるので問題ない。その時は「弾が切れた」と素直に申告しよう。

・MLRA-TW
ピックアップ。FFの確率が低く建物も破壊しないので初心者に唯一オススメするミサイル。
威力は低いが蜘蛛、蜂、ドラゴンに当たればダウンする。これらが大量に出てくるステージは、後ろからこれをばら撒いているだけでも仲間の助けになる。


To be Continued…

EDF4.1初心者隊員に贈る超簡単アドバイス集・基本編

EDFはTPSとしては極めてシンプルな操作、ルーチンで構成されているにもかかわらず、その戦略性は極めて奥深い。
歴戦のストーム1による日々たゆまぬ研究の記録をネット上のいたるところで見聞することができ、おそらくその最たるモノがEDF4.1 wikiであろう。
だがいかんせん、その情熱の迸り故か、内容が非常に長くて読みづらい。初心者には読むのも一苦労だろう。
そこで及ばずながら、初心者に向けた最低限必要なアドバイスを可能な限り短く、少なく、端的にお届けしてみたいと思う。

基本編
レンジャー編
ウイングダイバー編
エアレイダー編
フェンサー編


まずは兵科に関係なくEDFに関する共通的なアドバイス。

<まずオフラインでHARDをクリアしよう>
特に過去作をやったことがない隊員はEDFが"どんなゲームか"を理解するために、オフソロでクリアに挑むべし。
基本的な操作や武器の特性を理解できればHARDはクリアできる。オフソロ全兵科HARD全クリ、それがオンラインへの挑戦権だ。

※DLCは難易度が高くHARDでも非常に厳しいステージが多い。DLCは基本的に全部後回しで考えよう。


<次にオンラインでHARDをクリアしよう>
オンラインでは敵が強くなる。仲間と連携しなければ勝てる相手ではない。オフソロより慎重なプレイが求められる。
(あくまで私がRMの場合だが、HARDまでなら初心者でもカバーできるしマナーが良ければ下手くそでも蹴ったりしない)
HARDを全兵科でクリアする頃には「自分がやるべき行動」「やってはいけない行動」「誰かにしてもらうと嬉しい行動」が見えてくるはずだ。


<ステージ構成を頭に叩きこもう>
全ステージについて出てくる敵、増援の出現条件、増援の出現位置を覚えよう。EASYで挑戦して下見をするのが最も良い。
難易度で敵の数が増えたり変異種が混じったりするが、基本的に攻略法が変わるほどの変更はない。


<オン厳禁三箇条「死なない」「FFしない」「敵を起こさない」>
・「死なない」
死んでしまうと攻撃もできないし蘇生するために味方は体力を半分払わなければいけない。勝手に突撃して死ぬくらいなら、味方と一緒に立ち回ってなるべく死なないように努めよう。
腕に自信がなければ予めそのことを伝えておくと、大抵のプレイヤーは理解してくれる。

・「FFしない」
FFとはフレンドリーファイアのこと。つまり仲間を撃たないこと。
当たり前と思うかもしれないが、初心者は爆発武器で味方ごと吹き飛ばしがち。慣れないうちは爆発武器は使わない方がいいだろう。

・「敵を起こさない」
敵に待機モードと攻撃モードがあることは理解していると思うが、EDFの基本戦略は「なるべく少数の敵を引きつけて各個撃破を繰り返す」のが王道中の王道である。
まずは攻撃モードになった敵を倒すこと、流れ弾で待機モードの敵を起こさないことを心がけよう。


<失敗しても許そう>
どんな上級者でも失敗はある。笑顔で許そう。それもまたEDFだ。


<武器より腕前>
EDFは特性上、初心者でも強い武器を集められる。だが、これさえあれば無敵という武器は存在しない。
どんなに強い武器も使いこなせず死んでは意味がない。武器の特性を把握して確実に当てられる腕前が何より大切だ。


<腕前よりアーマー>
敵の攻撃を避ける技術は実戦で体得するしかないが、腕前が同じならAPが高い方が当然生き残り易い。
どうにも勝てない、すぐ死んでしまうと思ったらアーマーを稼ぎに行くのも一手だ。


<レーダーをよく見よう>
EDFの敵AIはこちらの背後をとって至近距離から攻撃してくる性質がある。
包囲されるとどんなベテラン隊員でも死ぬ。敵が後ろに回りこんだら先にそちらを倒して包囲を突破しよう。


<味方を救助するときは敵を倒してから>
敵に囲まれた状態で無理に味方を救助してもそのまま2人とも死ぬ確率が高い。
問題ない場合もあるが、迷ったら「周囲の敵を全滅させてから救助する」としておけばまず間違いない。
同様に、自分が死んだからといってすぐに救助を求めるのは間違い。仲間が安全に助けてくれるのを待とう。


<マナーを守ろう>
「部屋に出入りするときは挨拶」「助けてもらったらお礼」「失敗したら謝罪」これらは当然のマナーである。
また、「『歌う』を連発する」「死んだら『助けてくれ』を連呼する」など台詞を連発するとうるさいので嫌われる。


To be Continued…
Rene [L] Descartes

[管理人] ルネ(故)
人間は生き方が狭いにー。
「猫思う、故に猫在り」ひとつよろしくに。

[副管理人] MA108P
人生巴投げ。
社会の歯車やってます。
ブログはご主人様に書かされてるだけです。
月別
最近のコメント
  • ライブドアブログ